ディモルフォルキス・ローウィ

Dimorphorchis lowii

  • ディモルフォルキス・ローウィ
  • ディモルフォルキス・ローウィ
  • ディモルフォルキス・ローウィ
  • ディモルフォルキス・ローウィ
  • 花名
    ディモルフォルキス・ローウィ
  • 学名
    Dimorphorchis lowii
  • 別名Dimorphorchis lowii
  • 原産地ボルネオ
  • 開花場所温室, 海外, 亜熱帯地域
  • 開花期7月, 8月, 9月, 10月

ディモルフォルキス・ローウィとは

ディモルフォルキス・ローウィ(学名:Dimorphorchis lowii)は、ボルネオ特産で、ラン科の大形着生蘭です。葉腋から花茎を下に伸ばし、1本の花茎から2種類の異なる花を咲かせます。花茎の根元に付く2、3輪の花は橙色で芳香があります。先端の方に付く大多数の花は茶色の斑模様で無香です。

一般名:ディモルフォルキス・ローウィ、学名:Dimorphorchis lowii、分類名:植物界被子植物単子葉類キジカクシ目ラン科ディモルフォルキス属、草丈:1.5~3 m、開花期:7~10月、花色:橙色、茶色、花径:5~6 cm。


  • キジカクシ
  • ラン
  • ディモルフォルキス
  • ディモルフォルキス・ローウィ
  • 花のタイプ
    左右相称花
  • 花序
    散形花序/傘形
  • 花冠
    ラン形
  • 葉形
    長楕円形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型大形着生蘭
  • 花の色紫 黄
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ150.0 ~ 300.0 cm
  • 花径5.0 ~ 6.0 cm

ランダムな花