ドラセナ・スルクロサ

Dracaena surculosa

  • ドラセナ・スルクロサ
  • ドラセナ・スルクロサ
  • ドラセナ・スルクロサ
  • ドラセナ・スルクロサ
  • 花名
    ドラセナ・スルクロサ
  • 学名
    Dracaena surculosa
  • 別名Dracaena godseffiana, Dracaena surculosa, ドラセナ・ゴッドセフィアナ, ホシセンネンボク, 星千年木
  • 原産地ギニア
  • 開花場所鉢花, 観葉植物
  • 開花期
  • 花言葉「幸せな恋」

ドラセナ・スルクロサとは

ドラセナ・スルクロサ(学名:Dracaena surculosa)は、ギニア原産でリュウゼツラン科ドラセナ属の非耐寒性常緑低木です。以前の学名のドラセナ・ゴッドセフィアナ(Dracaena godseffiana)やゴッドセフィアーナ、セフィアナと呼ばれることもあります。
葉は緑色地に黄色い斑点が多数入るのが特徴です。黄色い斑は古くなると白斑になります。斑入りアオキのサルフレア・マルギナータ(青木Sulphrea Marginata)と似ていますが、アオキの葉は倒卵状楕円形をしており、葉質は厚く硬く、葉縁に粗い鋸歯があります。一方、ゴッドセフィアナの葉は先の尖った卵形で、葉質は薄く柔らかく、葉縁は全縁です。穂状花序に細長い筒状の小さな白花を多数咲かせます。花冠は先端で5裂します。

一般名:ドラセナ・ゴッドセフィアナ(Dracaena godseffiana)、学名:Dracaena surculosa、シノニム:Dracaena godseffiana cv. Florida Beauty、前名:Dracaena godseffiana、分類名:植物界被子植物門単子葉植物綱ユリ目リュウゼツラン科ドラセナ属、生息分布:ギニア、生活型:非耐寒性常緑低木、葉質:薄く柔らかく光沢がある、葉縁:全縁、葉形:卵形で先端が尖る、葉色:緑地に黄色い斑点(古くなると白斑になる)、葉序:対生、花序形:穂状花序、


  • キジカクシ
  • キジカクシ
  • ドラセナ
  • ドラセナ・スルクロサ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    穂状花序
  • 花冠
    漏斗形/トランペット形
  • 葉形
    卵形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型非耐寒性常緑低木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ100.0 ~ 200.0 cm
  • 花径0.7 ~ 0.8 cm

ランダムな花