ナガバノモウセンゴケ

Drosera anglica

  • ナガバノモウセンゴケ
  • ナガバノモウセンゴケ
  • 花名
    ナガバノモウセンゴケ
  • 学名
    Drosera anglica
  • 別名Bog Asphodel, 長葉の毛氈苔
  • 原産地日本
  • 開花場所湿地
  • 開花期7月, 8月

ナガバノモウセンゴケとは

ナガバノモウセンゴケ(長葉の毛氈苔、学名:Drosera anglica)はモウセンゴケ科モウセンゴケ属の食虫植物です。夏、尾瀬などの湿地に生育する葉の上部に粘着物質を出す腺毛があり小さな昆虫を捕らえて溶かし養分として消化します。夏、花柄を伸ばし先端に小さな数個の白花を咲かせます。葉の長さにより、モウセンゴケ、サジバモウセンゴケ、ナガバノモウセンゴケと呼ばれます。

一般名:ナガバノモウセンゴケ(長葉の毛氈苔)、学名:Drosera anglica、別名:Drosera(ドロセラ)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ウツボカズラ目モウセンゴケ科モウセンゴケ属ナガバノモウセンゴケ種、生息地:北半球の寒帯域やカウアイ島、日本では北海道〜本州以南では尾瀬、環境:湿原や火山島、生活型:食虫植物、草丈:10~40cm、葉長:3~4cm、葉形:線状披針形、葉序:、葉縁:互生、葉柄長:5~10cm、葉表面:葉の上部に赤く長い粘毛有り、托葉:無、離弁花類、放射相称花、花序形:鎌形花序、花茎長:10~20cm、花弁径:2cm、花被片長:0.7cm、開花期:7月〜8月、花色:白、花弁数:5、花弁長:1cm、花弁形:倒卵形、雄蕊数:5、花茎長:10〜15cm、果実型:蒴果、用途:観賞用、備考:絶滅危惧II類(VU)


  • ウツボカズラ
  • モウセンゴケ
  • モウセンゴケ
  • ナガバノモウセンゴケ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    カマ型花序
  • 花冠
    4弁花
  • 葉形
    披針形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型亜高山性の多年性食虫植物
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ10.0 ~ 40.0 cm
  • 花径0.7 ~ 1.0 cm

ランダムな花