ドリアン

Durio zibethinus

  • ドリアン
  • ドリアン
  • ドリアン
  • ドリアン
  • ドリアン
  • ドリアン
  • 花名
    ドリアン
  • 学名
    Durio zibethinus
  • 別名Durian
  • 原産地マレーシア半島
  • 開花場所亜熱帯地域
  • 開花期1月, 11月, 12月

ドリアンとは

ドリアン(学名:Durio zibethinus)は、マレーシア半島原産で、アオイ科ドリアン属の熱帯性常緑高木及びその果実です。自然の中での最大樹高は45mにもなりますが、農場では収穫し易いように10m程にしています。散形花序にクリーム色の五弁花を10輪程まとめて咲かせます。開花期は、原産地では、雨季から乾季に入る11月~1月。果実は、「果物の王様」と呼ばれ、栄養価があり、強力な甘みがあります。しかし、強力な腐臭があるため、海外のマーケットで買ってホテルに持ち込もうとしても断られます。果実は加熱して種子の周り(仮種皮)を食べます。属名の”Durio”はマレー語で”duri”(棘)から派生、 種小名の”zibethinus”は”麝香の香りを持つ”という意味です。因みに、「果物の女王」と呼ばれるのはマンゴスチンです。
 
一般名:ドリアン(Durian)、学名:Durio zibethinus、分類名:植物界被子植物真正双子葉類アオイ目アオイ科ドリアン属ドリアン種、原産地:マレーシア半島、生活型:熱帯性常緑高木、樹高:20〜45 m、葉色:暗緑色、葉形:長楕円形、葉身長:10〜20 cm、葉幅:5 cm、葉序:互生、花色:薄黄、花序形:散形花序、花弁数:5枚、花色:薄黄、花径:1.5 cm、果実重量:5Kg、果実殻(外皮):棘で覆われ堅い、果実色:灰緑色、果肉:薄黄、可食部:種の周りの果肉、特記:腐臭有り。


  • アオイ
  • アオイ
  • ドリアン
  • ドリアン
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    散形花序/傘形
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
    長楕円形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型熱帯常緑高木とその果実
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ2000.0 ~ 4500.0 cm
  • 花径1.5 ~ 1.5 cm

ランダムな花