カタクリ

Erythronium japonicum

早春、山野で咲く紫色の可憐な花。スプリング・エフェメラル

  • カタクリ
  • カタクリ
  • カタクリ
  • カタクリ
  • カタクリ
  • カタクリ
  • カタクリ
  • カタクリ
  • カタクリ
  • カタクリ
  • カタクリ
  • カタクリ
  • 花名
    カタクリ
  • 学名
    Erythronium japonicum
  • 別名カタカゴ, 片栗, 堅香子, Dog tooth violet, エリスロニウム
  • 原産地日本
  • 開花場所野原・畦道
  • 開花期3月, 4月
  • 花言葉「初恋」「寂しさに耐える」

カタクリとは

カタクリ(片栗、学名:Erythronium japonicum)とは、日本原産で、ユリ科カタクリ属の耐寒性球根植物です。春、薄紫色~濃紫色の六弁花を下向きに咲かせます。花と葉、球根(鱗茎)は茹でて野菜として食べられます。 昔は、球根から澱粉を採りましたが、今はジャガイモからとった澱粉粉を片栗粉と呼んでいます。紫色の花が山野で自生していますが、園芸品種には黄花を咲かせる「黄花カタクリ 'パゴダ'(Erythronium 'Pagoda')」や、 白花を咲かせる「白花カタクリ 'ホワイトビューティ'(Erythronium 'White Beauty')」があります。

一般名:カタクリ(片栗)、学名:Erythronium japonicum(エリスロニウム・ジャポニクム)、別名:カタカゴ(堅香子、傾籠)、Dog tooth violet(ドッグ・ツース・バイオレット)、分類名:植物界被子植物単子葉類ユリ目ユリ科カタクリ属、原産地:日本、草丈:10~30 cm、開花期:3月中旬~4月、花色:桃(・黄・白)、花径:4~5 cm、用途:公園植え、庭植え、野菜、調理方法:おひたし、天麩羅


  • ユリ
  • ユリ
  • カタクリ
  • カタクリ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    頭状花序
  • 花冠
    ユリ形
  • 葉形
    披針形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型耐寒性球根植物
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ10.0 ~ 30.0 cm
  • 花径4.0 ~ 5.0 cm

ランダムな花