ピタンガ

Eugenia uniflora

  • ピタンガ
  • ピタンガ
  • ピタンガ
  • ピタンガ
  • ピタンガ
  • ピタンガ
  • 花名
    ピタンガ
  • 学名
    Eugenia uniflora
  • 別名Pitanga, 橘赤楠, タチバナアデク, Surinam Cherry, Brazilian cherry
  • 原産地ブラジル
  • 開花場所庭, 亜熱帯地域
  • 開花期1月, 9月, 10月, 11月, 12月
  • 花言葉信じる力

ピタンガ とは

ピタンガ(Pitanga、学名:Eugenia uniflora)は、ブラジル原産で、フトモモ科エウゲニア属の熱帯性常緑低木の果樹です。和名では、タチバナアデク(橘赤楠)と呼ばれます。
自家結実性で1本の木でも結実します。葉腋から花序を伸ばし、1個または2~3個の花を付けます。花は小さな白い4弁花で、1本の長い雌蕊が飛び出し、その周囲を多数の長い雄蕊が囲い込みます。花後に成る果実は赤ピーマンを上から潰した様な形をしており、緑色→赤く熟します。果実には苺のような芳香があり、柔らかく、ジューシーで酸味と甘みがあります。果皮が薄く日持ちしないので生食は原産地で消費し、その他は、ジュースや、果実酒、ジャム、アイスクリーム、ゼリーなど加工品の原料とされます。ブラジルでは、樹木は庭園樹や生垣、庭木に、樹皮は煎じて下痢止めに、葉は解熱や健胃剤などの民間薬に用いられます。
ピタンガ(Pitanga)という花名は、ブラジル先住民の言葉ツピー語(Tupi)で「赤い果実」を意味します。属名の「Eugenia」はオーストリアの司令官Prince 「Eugene」 of Savoy氏(オイゲン・フォン・ザヴォイエン)への献名、種小名の「uniflora」 は、「uni(1つの)+floris(花)」から。花言葉は、「信じる力」です。

一般名:ピタンガ(Pitanga)、学名:Eugenia uniflora L.、別名:タチバナアデク(橘赤楠)、スリナム・チェリー(Surinam Cherry)、ブラジリアン・チェリー(Brazilian cherry)、ブラジル・チェリー、 分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱フトモモ目フトモモ科エウゲニア属ピタンガ種、原産地:ブラジル 生息分布:熱帯アメリカ、樹高:2〜8 m、葉形:卵形、葉序:対生、花色:白、花径:1.5 cm、開花期:9月〜翌1月、結実期:3月〜4月、果実型:液果、果実形:赤ピーマンが上から潰された形、果実色:緑→赤、果実径:3〜4 cm、繁殖方法:実生・挿し木、繁殖形態:自家結実性。


  • フトモモ
  • フトモモ
  • エウゲニア
  • ピタンガ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    集散花序
  • 花冠
    4弁花
  • 葉形
    卵形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型熱帯性常緑低木の果樹
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ200 ~ 800 cm
  • 花径1 ~ 1 cm

ランダムな花