ナツトウダイ

Euphorbia sieboldiana

  • ナツトウダイ
  • ナツトウダイ
  • ナツトウダイ
  • ナツトウダイ
  • 花名
    ナツトウダイ
  • 学名
    Euphorbia sieboldiana
  • 別名Euphorbia sieboldiana, 夏灯台
  • 原産地日本、中国、朝鮮半島
  • 開花場所野原・畦道
  • 開花期4月, 5月

ナツトウダイとは

ナツトウダイ(夏灯台、学名:Euphorbia sieboldiana)は日本、中国、朝鮮半島原産でトウダイグサ科トウダイグサ属の多年草です。日本では北海道~九州の林縁に自生します。春に、直立した茎先に複数個の赤っぽい小花を咲かせます。花を構成する周囲の4個ある「線体」は蟻地獄の口のような形をしており、甘い蜜を出します。花中央にある子房は無毛で、花後に果実となります。ナツトウダイはトウダイグサ科の植物なので全草に毒があります。

一般名:ナツトウダイ(夏灯台)、 学名:Euphorbia sieboldiana、又名:Siebold's spurge、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キントラノオ目トウダイグサ科トウダイグサ属ナツトウダイ種、原産地:日本、中国、朝鮮半島、生息分布:北海道~九州の日本、環境:林縁、草丈:30〜40 cm、葉形:長楕円形、苞葉色:緑色、葉序:互生、葉縁:全縁、左右相称花、開花期:4月-5月、花序形:杯形花序、花径:0.3 cm、花色:赤、花冠形:中央に子房、周囲に4個の線体。


  • キントラノオ
  • トウダイグサ
  • トウダイグサ
  • ナツトウダイ
  • 花のタイプ
    左右相称花
  • 花序
    杯形花序
  • 花冠
    その他
  • 葉形
    長楕円形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型多年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ30.0 ~ 40.0 cm
  • 花径0.3 ~ 0.3 cm

ランダムな花