シロアミメグサ

Fittonia albivenis

  • シロアミメグサ
  • シロアミメグサ
  • シロアミメグサ
  • シロアミメグサ
  • 花名
    シロアミメグサ
  • 学名
    Fittonia albivenis
  • 別名Fittonia , フィットニア, 白網目草
  • 原産地コロンビア、ペルー、ボリビア、エクアドル、ブラジル北部など年米アンデス山脈
  • 開花場所温室, 観葉植物
  • 開花期9月
  • 花言葉羨ましい

シロアミメグサとは

シロアミメグサ(学名:Fittonia albivenis)はコロンビア、ペルー、ボリビア、エクアドル、ブラジル北部など年米アンデス山脈原産でキツネノマゴ科フィットニア属の這性常緑多年草です。現地では熱帯雨林に自生します。小さな卵形の緑葉に白い網目状の葉脈が入ります。用途は温室などのグランドカバー、観葉植物。園芸品種にもっと葉が小さいコンパクタと呼ばれるシロアミメグサ(小型白編目草、学名:Fittonia albivenis)があります。

一般名:シロアミメグサ(白網目草)、学名:Fittonia albivenis、シノニム:Fittonia albivenis 'var. argyroneura, 又名:フィットニア(Fittonia〉 、白網目草、モジクプラント、分類名:植物界被子植物真正双子葉類シソ目キツネノマゴ科フィットニア属、原産地:ペルー、環境:熱帯雨林、生活型:這性常緑多年草、草丈: 15 cm、葉形:卵形、葉色:緑色地に銀白色の葉脈、葉長: 7~10 cm、花色:薄黄、花序形:四角柱状の花穂、花径:、用途:観葉植物、鉢植え、グランドカバー。


  • シソ
  • キツネノマゴ
  • フィットニア
  • シロアミメグサ
  • 花のタイプ
    左右相称花
  • 花序
    穂状花序
  • 花冠
    唇形
  • 葉形
    卵形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型這性常緑多年草、観葉植物、グランドカバー
  • 花の色薄黄
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ10.0 ~ 15.0 cm
  • 花径0.5 ~ 0.5 cm

ランダムな花