レンギョウ

Forsythia suspensa

  • レンギョウ
  • レンギョウ
  • レンギョウ
  • レンギョウ
  • レンギョウ
  • レンギョウ
  • レンギョウ
  • レンギョウ
  • レンギョウ
  • レンギョウ
  • レンギョウ
  • レンギョウ
  • 花名
    レンギョウ
  • 学名
    Forsythia suspensa
  • 別名レンギョウウツギ, Golden bells, 連翹空木, 連翹, Forsythia suspensa, フォーサイシア
  • 原産地中国
  • 開花場所庭, 公園
  • 開花期3月, 4月
  • 花言葉「期待」「希望」

レンギョウとは

レンギョウ(連翹、学名:Forsythia suspensa)は、中国原産でモクセイ科レンギョウ属の耐寒性落葉低木です。樹高は2〜3 mで、樹皮はオリーブ色をしています。葉は単葉で卵形をしており、葉縁に鋸歯があり、対生して付きます。花は、花弁が合着しており筒状です。3月〜4月に花径2.5~3 cmの黄色い花を咲かせます。花後に蒴果が成ります。
葉が出る前、または葉と同時に枝から花を咲かせます。果実にはルチン(rutin)等の成分が含まれるので漢方薬とされ、生薬名を「連翹」(れんぎょう)と言い、消炎や利尿、解毒に効くとされます。
レンギョウ属の代表的な品種には他にシナレンギョウ(支那連翹、F. viridissima)チョウセンレンギョウ(朝鮮連翹、学名:Forsythia ovata)があります。一般に日本でレンギョウというとこのレンギョウの他、シナレンギョウやチョウセンレンギョウも含めて表現されます。

レンギョウの種類


連翹(Forsythia)には数種類あり、代表品種は以下のものがあります。
シナレンギョウ(支那連翹、F. viridissima)
   花と葉が同時に展開、花弁色は淡黄色、葉縁上部にのみ鋸歯がある。
チョウセンレンギョウ(朝鮮連翹、学名:Forsythia ovata)
   花後に葉が出る(葉が出る前に枝から直接花が咲く)、花弁色は濃黄色で短く、葉縁全体に鋸歯がある。 
レンギョウ(連翹、学名:Forsythia suspensa)
   花後に葉が出ます。


レンギョウの情報


一般名:レンギョウ(連翹)、学名:Forsythia suspensa(フォーサイシア)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類シソ目モクセイ科レンギョウ属、別名:レンギョウウツギ(連翹空木)、イタチハゼ、ゴールデンベル(golden bells)、原産地:中国、生活型:耐寒性・蔓性落葉低木、樹高:2〜3 m、樹皮:オリーブ色、単葉、葉形:卵形、葉序:対生、葉縁:鋸歯有、花弁:合着、花色:黄色、開花時期:3月〜4月、花径:2.5~3 cm、果実:蒴果。


  • シソ
  • モクセイ
  • レンギョウ
  • レンギョウ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    総状花序
  • 花冠
    4弁花
  • 葉形
    卵形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型耐寒性落葉低木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ200.0 ~ 300.0 cm
  • 花径2.5 ~ 3.0 cm

ランダムな花