シナレンギョウ

Forsythia viridissima

  • シナレンギョウ
  • シナレンギョウ
  • シナレンギョウ
  • シナレンギョウ
  • 花名
    シナレンギョウ
  • 学名
    Forsythia viridissima
  • 別名支那連翹, Forsythia viridissima
  • 原産地中国
  • 開花場所庭, 公園
  • 開花期3月, 4月

シナレンギョウとは

シナレンギョウ(支那連翹、学名:Forsythia viridissima)は、中国原産でシソ目モクセイ科レンギョウ属の落葉低木です。
枝は直立し、花と葉が同時に開きます。葉は対生に付き、葉縁上部にのみ鋸歯があります。早春に黄色い四弁花を咲かせます。花被片は細長く、花色は淡黄色です。
連翹(Forsythia)には数種類あり、代表品種には、この支那連翹(F. viridissima)の他、チョウセンレンギョウ(朝鮮連翹、学名:Forsythia ovata)レンギョウ(連翹、学名:Forsythia suspensa)があります。
朝鮮連翹(F. ovata)は、葉が出る前に、枝から、直接、花を咲かせ(花後に葉が出る)、花冠の花片は濃黄色で短く、葉縁全体に鋸歯があります。連翹(F. suspensa)は、花後に葉が出ます。
秋に成る果実には、ルチン(rutin)が含まれ、消炎や利尿、解毒などの民間療法で使われます。

一般名:シナレンギョウ(支那連翹)、学名:Forsythia viridissima、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱シソ目モクセイ科レンギョウ属、原産地:中国、樹高:3 m、花色:薄黄色、開花時期:3月~4月、花径:2.5 cm、用途:庭木、生垣、公園樹。


  • シソ
  • モクセイ
  • レンギョウ
  • チョウセンレンギョウ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    総状花序
  • 花冠
    4弁花
  • 葉形
    卵形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型耐寒性落葉広葉低木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ200.0 ~ 300.0 cm
  • 花径2.5 ~ 2.5 cm

ランダムな花