グラジオラス

Gladiolus

花屋さんの花

  • グラジオラス
  • グラジオラス
  • グラジオラス
  • グラジオラス
  • グラジオラス
  • グラジオラス
  • グラジオラス
  • グラジオラス
  • グラジオラス
  • グラジオラス
  • グラジオラス
  • グラジオラス
  • グラジオラス
  • グラジオラス
  • 花名
    グラジオラス
  • 学名
    Gladiolus
  • 別名トウショウブ, Gladiolus, 唐菖蒲, corn flag, sword lily
  • 原産地熱帯アフリカ、地中海沿岸
  • 開花場所
  • 開花期6月, 7月, 8月, 9月
  • 花言葉全般:「用心」、ピンク:「たゆまぬ努力」

グラジオラスとは

グラジオラス(学名:Gladiolus)は、熱帯アフリカ、地中海沿岸原産で、アヤメ科グラジオラス属の球根植物です。草丈1m程です。葉は緑色で、細長く、先端が尖ります。夏に、すらりと伸びた花茎の先端から縦長一列に花径は5〜15 cmの大きな花を咲かせます。花色は赤・黄・白・青等、黒を除く殆どの色があり豊富です。オランダ人が日本に伝えたことから、オランダ菖蒲、また外国から入って来たのでトウショウブ(唐菖蒲)、葉形が剣に似ていることからスウォード・リリー(sword lily)、葉が小さな剣形なのでラテン語のgladius(グラディウス=小さな剣)という別名があります。別科別属ですがカンナと似ています。


グラジオラスカンナは似ている


別属のカンナ(Canna、学名:Canna indeica hybrid)と花の感じが似ていますので、その見分け方を下に記載します。

●カンナとグラジオラスの違い

●グラジオラス(Gladiolus)の葉幅が狭いのに対し、カンナ(Canna)は葉幅が広い。
●葉色は、グラジオラス(Gladiolus)が緑色だけなのに対し、カンナ(Canna)は緑以外にも鑑賞植物としても通用する美しい葉色・模様を持ちます。
●花の付き方で、グラジオラス(Gladiolus)は花穂が一列に付くのに対し、カンナ(Canna)はどちらかというと固まって咲かせます。
●花色では、グラジオラス(Gladiolus)は黒以外の殆どの色があるのに対し、カンナ(Canna)は上記の花色のみで、青や紫などの花色はみかけません。

一般名:グラジオラス(Gladiolus)、学名:Gladiolus spp.、別名:トウショウブ(唐菖蒲)、オランダショウブ(阿蘭陀菖蒲)、corn flag(コーン・フラグ)、sword lily(スウォード・リリー、剣の菖蒲)、分類名:植物界被子植物単子葉類キジカクシ目アヤメ科グラジオラス属、原産地:熱帯アフリカ、地中海沿岸、草丈:100 cm、開花期:6月〜9月、花色:赤・黄・白・青等、黒を除く殆どの色、花径:5〜15 cm。


  • キジカクシ
  • アヤメ
  • グラジオラス
  • グラジオラス
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    あやめ形
  • 葉形
    剣形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型球根植物
  • 花の色赤 桃 青 茶 緑 紫 橙 黄 薄黄 白 その他
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ100.0 ~ 100.0 cm
  • 花径5.0 ~ 15.0 cm

ランダムな花