スハマソウ

Hepatica nobilis var. japonica forma variegata

  • スハマソウ
  • スハマソウ
  • スハマソウ
  • スハマソウ
  • スハマソウ
  • スハマソウ
  • スハマソウ
  • スハマソウ
  • スハマソウ
  • スハマソウ
  • スハマソウ
  • スハマソウ
  • スハマソウ
  • スハマソウ
  • スハマソウ
  • スハマソウ
  • スハマソウ
  • スハマソウ
  • スハマソウ
  • スハマソウ
  • 花名
    スハマソウ
  • 学名
    Hepatica nobilis var. japonica forma variegata
  • 別名州浜草, liverwort, ユキワリソウ
  • 原産地日本
  • 開花場所低山
  • 開花期3月, 4月
  • 花言葉慕われる人

スハマソウとは

スハマソウ(州浜草、学名:Anemone hepaticavar. japonica forma variegata)は、同属のミスミソウ(三角草)と似た日本固有種です。州浜草(variegata)は、葉の裂片が円頭形であることが三角草(Anemone hepatica)と異なります。花のように見えるものは、萼です。
州浜草( f. variegata)は、ケスハマソウ(毛州浜草、Anemone hepatica var. pubescens)とも似ています。州浜草( f. variegata)は日本の本州~四国に自生するのに対し、毛州浜草( var. pubescens)は本州の近畿以西~四国に自生します。スハマソウ(f. variegata)は、葉が三角形で3浅裂しますが、毛州浜草(var. pubescens)の葉は腎形で葉裂片が丸味を帯びています。また、毛州浜草(var. pubescens)の葉の両面には毛があります。これらの花は総称してユキワリソウ(雪割草)と呼ばれます。

ミスミソウの仲間については、三角草(Anemone hepatica var. japonica)のページをご参照ください。

一般名:スハマソウ(州浜草)、学名:Anemone hepatica var. japonica forma variegata、又は、Hepatica nobilis var. japonica forma variegata、別名:liverwort、ユキワリソウ(雪割草)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キンポウゲ目キンポウゲ科ミスミソウ属スハマソウ品種、原産地:日本(日本固有変種)、分布:本州~四国の日本 環境:山間地の落葉樹下の半日陰で水捌けの良い場所、生活型:多年草、草丈:10~15 cm、根出葉、葉序:互生、葉形:三角形で3浅裂し裂片の先が丸い、葉幅:5 cm、単頂花序、花径:1 cm、開花期:3月~4月、花弁色(実際は萼片色):白、桃、赤、花弁:0、花弁数(萼片数):6~10、備考:準絶滅危惧種。


  • キンポウゲ
  • キンポウゲ
  • ミスミソウ
  • ミスミソウ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    多弁形
  • 葉形
    三角形
  • 葉縁
  • 生活型耐寒性常緑多年草
  • 花の色桃 白
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ5.0 ~ 15.0 cm
  • 花径1.5 ~ 3.0 cm

ランダムな花