アメリカフヨウ

Hibiscus moscheutos

  • アメリカフヨウ
  • アメリカフヨウ
  • アメリカフヨウ
  • アメリカフヨウ
  • アメリカフヨウ
  • アメリカフヨウ
  • アメリカフヨウ
  • アメリカフヨウ
  • アメリカフヨウ
  • アメリカフヨウ
  • 花名
    アメリカフヨウ
  • 学名
    Hibiscus moscheutos
  • 別名クサフヨウ, Swamp rose mallow, 草芙蓉, Rose mallow
  • 原産地北米アラバマ州
  • 開花場所
  • 開花期7月, 8月, 9月
  • 花言葉日ごとの美しさ

アメリカフヨウとは

アメリカフヨウ(学名:Hibiscus moscheutos)は、北米原産で、アオイ科フヨウ属の耐寒性宿根草です。現産地では川沿いなどの湿地に自生します。ハイビスカスの一種です。葉は緑色で心臓形をしています。日本では乾燥に強い園芸品種が多数育種されています。夏から秋、太く丈夫な花茎から集散花序を伸ばし30 cm程の巨大な多弁花を次から次へと咲かせます。蕾も大きいです。花は朝咲いて夕方にはしぼむ一日花です。花色には白やピンク、赤、白・ピンクの複輪があります。フヨウ(芙蓉、学名:Hibiscus mutabilis )が低木で「木芙蓉」と呼ばれるのに対し、本種は別名で草本なので「草芙蓉」と呼ばれます。属名の”Hibiscus”は「Hibis」(エジプトの神)+「isko」(似る)=(神に似た)、種小名は”moscheutos”は(麝香に似た香りの)という意味です。花言葉は「日ごとの美しさ」。花は一日花ですが、次から次へと大きな美しい花を咲かせることが由来です。

一般名:アメリカフヨウ(アメリカ芙蓉)、学名:Hibiscus moscheutos 、分類名:植物界被子植物真正双子葉類アオイ目アオイ科フヨウ属アメリカフヨウ種、別名:クサフヨウ(草芙蓉)、Swamp rose mallow(スワープ・ローズ・マロウ)、moscheutos、原産地:北米、生活型:耐寒性宿根草、草丈:100〜150 cm、葉形:心形・卵形、葉縁:歯牙/鋸歯/全縁、花の型:放射相称、花弁型:離弁花、花序形:集散花序、花弁数:5、花径:25〜30 cm、開花期:7月〜9月、花色:白・桃・赤・白と桃色の複輪。


  • アオイ
  • アオイ
  • フヨウ
  • アメリカフヨウ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    集散花序
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
    心臓形
  • 葉縁
    歯状
  • 生活型耐寒性宿根草
  • 花の色桃 赤 白
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ100.0 ~ 150.0 cm
  • 花径25.0 ~ 30.0 cm

ランダムな花