コバギボウシ

Hosta sieboldii

  • コバギボウシ
  • コバギボウシ
  • コバギボウシ
  • コバギボウシ
  • コバギボウシ
  • コバギボウシ
  • コバギボウシ
  • コバギボウシ
  • コバギボウシ
  • コバギボウシ
  • 花名
    コバギボウシ
  • 学名
    Hosta sieboldii
  • 別名ホスタ, Hosta, 小葉擬宝珠
  • 原産地東アジア
  • 開花場所湿地
  • 開花期7月, 8月
  • 花言葉沈静

コバギボウシとは

コバギボウシ(小葉擬宝珠、学名:Hosta sieboldii)は、東アジア原産で、キジカクシ科ギボウシ属の多年草です。通常のギボウシは、草丈が50〜90 cm、葉長が30 cm、葉幅が10 cm以上ありますが、本種はそれに比べて小型です。盛夏に、葉間から花茎を出し先端から伸びた総状花序に漏斗状の紫色の花をやや下向きに咲かせます。花は茎の下方から順に上方に咲き上がります。葉が斑入りの園芸種もあります。秋に黒い種が成ります。

一般名:コバギボウシ(小葉擬宝珠)、学名:Hosta sieboldii、別名:ホスタ(Hosta)、分類名:植物界被子植物門単子葉植物綱キジカクシ目キジカクシ科ギボウシ属コバギボウシ種、生息分布:北海道~九州、環境:中層~低層湿原、生活型:多年草、草丈:40~50cm、根生葉:有、根生葉形:長楕円形、 葉長:10~20cm、葉幅:8cm、左右相称花、花序形:総状花序、開花期:7月~8月、花長:4~5 cm、花冠形:漏斗状、花色:紫色、果実型:蒴果、種子色:黒。


  • キジカクシ
  • キジカクシ
  • ギボウシ
  • コバギボウシ
  • 花のタイプ
    左右相称花
  • 花序
    総状花序
  • 花冠
    漏斗形/トランペット形
  • 葉形
    長楕円形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型多年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ40.0 ~ 50.0 cm
  • 花径4.0 ~ 5.0 cm

ランダムな花