ガクウツギ

Hydrangea scandens

  • ガクウツギ
  • ガクウツギ
  • 花名
    ガクウツギ
  • 学名
    Hydrangea scandens
  • 別名コンテリギ, 額空木, 紺照り木
  • 原産地日本
  • 開花場所低山
  • 開花期5月, 6月

ガクウツギとは

ガクウツギ(額空木、学名:Hydrangea scandens Seringe)は、日本固有種でアジサイ科アジサイ属の落葉低木です。幹はよく枝分かれし、それぞれの枝先に散房花序を出します。花序の中央には淡黄緑色の小さな両性花を咲かせ、周辺部に3~5枚の萼片からなる装飾花を咲かせます。花のように見えるのは装飾花の方です。葉には光沢があり肉厚でやや薄い長楕円形をしており、対生につきます。花名は、初夏にガクアジサイ(額紫陽花)と似た白い装飾花を咲かせ、茎葉がウツギ(空木)と似ていることに拠ります。

一般名:ガクウツギ(額空木)、学名:Hydrangea scandens 、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ミズキ目アイサイ科アジサイ属ガクウツギ種、別名:コンテリギ(紺照り木)、 原産地:日本の本州、四国、九州、環境:山地や丘陵の林下、樹高:100〜200 cm、良く分枝、葉形:披針形、葉序:対生、葉縁:鋸歯有り、葉長:5~7 cm、葉幅:2~3 cm、葉質:光沢有、両性花と装飾花、花序:散房花序、花序径:7~10 cm、両性花径:0.5 cm、両性花の花弁数:5枚、装飾花径:2~3 cm、萼片数:3枚、両性花色:薄黄、装飾花色:白、薄黄、開花期:5月〜6月、果実型。蒴果、果実径:0.3 cm


  • ミズキ
  • アジサイ
  • アジサイ
  • ガクウツギ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    散房花序
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
    披針形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型落葉低木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ100.0 ~ 200.0 cm
  • 花径0.5 ~ 0.5 cm

ランダムな花