サネカズラ

Kadsura japonica

  • サネカズラ
  • サネカズラ
  • サネカズラ
  • サネカズラ
  • サネカズラ
  • サネカズラ
  • サネカズラ
  • サネカズラ
  • 花名
    サネカズラ
  • 学名
    Kadsura japonica
  • 別名ビナンカズラ, 美男葛, ビジンカズラ, 美人葛, ビンツケカズラ, 鬢付葛
  • 原産地朝鮮半島、中国、台湾、日本
  • 開花場所庭, 盆栽
  • 開花期7月, 8月
  • 花言葉「再会」、「好機」

サネカズラとは

サネカズラ(実葛、学名:Kadsura japonica)は、朝鮮半島、中国、台湾、日本原産で、マツブサ科サネカズラ属の常緑蔓性本木です。冬の赤い果実が美しい関東~沖縄の日本、中国南部の温暖な山野の林縁に生えます。 樹皮は灰褐色でコルク質に覆われています。 若枝は粘液を含んでおり、昔、これを煮た汁で髪を整えたので、ビンツケカズラ(鬢付葛)や、ビナンカズラ(美男葛)、ビジンカズラ(美人葛)と呼ばれます。 葉は長楕円形~卵形をしており、葉質はやや皮質で光沢があります。 夏、黄色い花弁と萼が区別できない鐘形の径1.5cmほどの花を咲かせます。 雌雄異株または同株です。雌花の中心には薄緑色の雌蕊が10本以上あります。雄花の中心には紅色の雄蕊が多数あります。冬、雌花には赤く艶のある球形の果実が集合して成ります。

一般名:サネカズラ(実葛)、学名:Kadsura japonica、別名:ビナンカズラ(美男葛)、ビジンカズラ(美人葛)、ビンツケカズラ(鬢付葛)、分類名:植物界被子植物アウストロバイレヤ目マツブサ科サネカズラ属 、生息分布:関東~沖縄の日本、中国南部、環境:温暖な山野の林縁 、樹高:、樹皮:灰褐色でコルク質で被覆される、雌雄異株、 葉形:長楕円形~卵形、葉質:やや皮質で光沢有、葉縁:小さな歯牙、開花期:7月~8月、花形:鐘形、花径:1.5cm、花の咲き方:下垂、花被片数:8~17枚、果実色:赤、成実期:10月~11月、果実タイプ:集果、用途:庭木、盆栽、薬効


  • アウストロバイレヤ
  • マツブサ
  • サネカズラ
  • サネカズラ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    鐘形
  • 葉形
    長楕円形
  • 葉縁
    歯状
  • 生活型常緑蔓性本木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ700.0 ~ 1000.0 cm
  • 花径1.0 ~ 2.0 cm

ランダムな花