ヤマブキ

Kerria japonica

  • ヤマブキ
  • ヤマブキ
  • ヤマブキ
  • ヤマブキ
  • ヤマブキ
  • ヤマブキ
  • ヤマブキ
  • ヤマブキ
  • ヤマブキ
  • ヤマブキ
  • ヤマブキ
  • ヤマブキ
  • ヤマブキ
  • ヤマブキ
  • 花名
    ヤマブキ
  • 学名
    Kerria japonica
  • 別名ヤマブリ, 山吹, 山振, Japanese kerria
  • 原産地日本、中国
  • 開花場所野原・畦道, 庭
  • 開花期4月, 5月
  • 花言葉気品

ヤマブキとは

ヤマブキ(山吹、学名:Kerria japonica)は、日本と中国原産で、バラ科ヤマブキ属の落葉低木です。日本の春はに始まり、山吹で終わると言われます。晩春に、鮮黄色、いわゆる、「山吹」色、の一重咲き五弁花を咲かせます。茎は枝のように細いですが、草ではなく、木です。山間の湿った斜面に自生しますが、公園や庭などでも普通に見られます。
一重の花は数年おきに、花後に結実し、細長い果実を成らせます。属名のKerriaは、植物学者の名前、種小名の japonicaは日本で万葉集時代の時代から栽培されていることに拠ります。花言葉は「気品」。谷底に落とした金貨が、沢沿いに咲く山吹の花に変化したという伝説に基づきます。鮮黄色の小判「金貨」から変化したことから、「気品」に結びついたようです。園芸品種に、八重咲きのヤエヤマブキ(八重山吹)や、花弁が7〜8枚あるキクザキヤマブキ(菊咲き山吹)があります。八重山吹は雌蕊が花弁に変化しているので結実しません。
また、ヤマブキに似た花で白花を咲かせるシロヤマブキ(白山吹)がありますが、これはシロヤマブキ属という別属の花で、一重の四弁花を咲かせます。

一般名:ヤマブキ(山吹)、学名:Kerria japonica 、別名:ヤマブリ(山振)、Japanese kerria 、分類名:植物界被子植物真正双子葉類バラ目バラ科ヤマブキ属 、原産地:日本、中国、生息分布:北海道から九州の日本、樹高:100〜200 cm、単葉、葉序:互生、葉長:4~7 cm、葉縁:鋸歯、花冠形:五弁花、花色:黄、花径:3〜5 cm、開花期:4月〜5月、咲き方:一重咲・菊咲・八重咲、果実型:痩果、果実長:0.4~0.5 cm。


  • バラ
  • バラ
  • ヤマブキ
  • ヤマブキ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型落葉低木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ100.0 ~ 200.0 cm
  • 花径3.0 ~ 5.0 cm

ランダムな花