ヒョウタン

Lagenaria siceraria var. gourda

  • ヒョウタン
  • ヒョウタン
  • ヒョウタン
  • ヒョウタン
  • ヒョウタン
  • ヒョウタン
  • ヒョウタン
  • ヒョウタン
  • ヒョウタン
  • ヒョウタン
  • ヒョウタン
  • ヒョウタン
  • 花名
    ヒョウタン
  • 学名
    Lagenaria siceraria var. gourda
  • 別名ヒサゴ , Gourd, 瓢箪
  • 原産地北アフリカ
  • 開花場所
  • 開花期7月, 8月, 9月
  • 花言葉円満

ヒョウタンとは

ヒョウタン(瓢箪、学名:Lagenaria siceraria var. gourda)は、北アフリカ原産で、ウリ科ヒョウタン属の熱帯性蔓状植物です。夏から初秋にオフホワイトの花を咲かせ、秋に果実が成ります。果実の中身を抜いた後、外皮部分は観賞用や容器に使用されます。

一般名:ヒョウタン(瓢箪)、学名:Lagenaria siceraria var. gourda 、別名:ヒサゴ、 分類名:植物界被子植物真正双子葉類ウリ目ウリ科ユウガオ属、原産地:北アフリカ、生活型:熱帯性蔓状一年草、草丈:3~5 m、葉形:心臓形で3~5浅裂、葉序:互生、雌雄異花、一日花(夕方~翌朝)、花色:白(雄花・雌花)、花の出る場所:葉腋、花冠:高杯形で筒先が5裂する、開花期:7~9月、花径:4~6 cm、成実期:9月~10月、果実形:いわゆる、ひょうたん型や(楕)球形、棒状、果実有用性:毒があるので食べない、用途:楽器、容器、装飾品、台木。


  • ウリ
  • ウリ
  • ユウガオ
  • ヒョウタン
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    総状花序
  • 花冠
    鐘形
  • 葉形
    心臓形
  • 葉縁
    欠刻状
  • 生活型熱帯性蔓状一年草
  • 花の色白 薄黄
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ300.0 ~ 500.0 cm
  • 花径4.0 ~ 6.0 cm

ランダムな花