ヒメオドリコソウ

Lamium purpureum

  • ヒメオドリコソウ
  • ヒメオドリコソウ
  • ヒメオドリコソウ
  • ヒメオドリコソウ
  • ヒメオドリコソウ
  • ヒメオドリコソウ
  • ヒメオドリコソウ
  • ヒメオドリコソウ
  • ヒメオドリコソウ
  • ヒメオドリコソウ
  • 花名
    ヒメオドリコソウ
  • 学名
    Lamium purpureum
  • 別名サンガイグサ, 姫踊子草, 三階草, Red Deadnettle, Lamium purpureum
  • 原産地ヨーロッパ
  • 開花場所野原・畦道
  • 開花期2月, 3月, 4月, 5月
  • 花言葉春の幸せ

ヒメオドリコソウとは

ヒメオドリコソウ(学名:Lamium purpureum)は、欧州原産で、シソ科オドリコソウ属の越年草です。
ヨーロッパからの帰化植物で野草化しています。茎は四角い断面で茎の節に唇形の小さな赤紫色の花が輪生します。
同科同属のホトケノザ(仏の座)より草丈、花径などが半分程度の大きさです。
シソ科なので葉を食用とする紫蘇の葉に似ており、上側はアカジソ(赤紫蘇)に似た紫色で、裏側は緑色をしています。葉は対生し、葉面に脈がありシワシワしています。
花言葉は、「春の幸せ」。属名の「Lamium 」はラテン語で「 laimos(喉)」を意味し花冠の筒部が長くて喉のように見えることから。。種小名の「purpureum」はラテン語で「紫色の」という意味です。

一般名:ヒメオドリコソウ(姫踊子草)、学名:Lamium purpureum、別名:Red Deadnettle、三階草、分類名:植物界被子植物門真正双子葉類シソ目シソ科オドリコソウ属ヒメオドリコソウ種、原産地:ヨーロッパ 環境:野や畑の畦道に、草丈: 10〜25cm、葉序:対生、葉柄:有、葉色:緑で上部は紫、葉身長:1.5〜3cm、葉縁:鋸歯有り、左右相称花、輪散花序、花冠:唇形、花期:2月〜5月、花色:赤紫、花径:1cm。


  • シソ
  • シソ
  • オドリコソウ
  • ヒメオドリコソウ
  • 花のタイプ
    左右相称花
  • 花序
    輪散花序
  • 花冠
    唇形
  • 葉形
    心臓形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型越年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ10.0 ~ 25.0 cm
  • 花径1.0 ~ 1.0 cm

ランダムな花