シラハギ

Lespedeza thunbergii subsp. thunbergii form. albiflora

  • シラハギ
  • シラハギ
  • シラハギ
  • シラハギ
  • シラハギ
  • シラハギ
  • 花名
    シラハギ
  • 学名
    Lespedeza thunbergii subsp. thunbergii form. albiflora
  • 別名白萩, Lespedeza thunbergii
  • 原産地日本~朝鮮半島
  • 開花場所野原・畦道
  • 開花期8月, 9月, 10月

シラハギとは

シラハギ(白萩、学名:Lespedeza thunbergii subsp. thunbergii form. albiflora)は、日本~朝鮮半島原産で、マメ科ハギ属の落葉低木です。晩夏~秋に、枝垂れ枝の葉腋から長い総状花序を伸ばし、蝶形の白花を多数咲かせます。葉は3出複葉で小葉は楕円形をしています。

一般名:シラノハギ(白萩)、学名:Lespedeza thunbergii subsp. thunbergii form. albiflora、 分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱マメ目マメ科ハギ属、原産地:日本~朝鮮半島、生活型:落葉低木、樹高:100~200 cm、葉形:3出複葉、小葉形:楕円形、葉長:3 cm、葉序:互生、開花期:8月~10月、花の付く場所:葉腋、小花形:蝶形、花径:1~1.25 cm、花長:1.5 cm、花色:紫紅花。


  • マメ
  • マメ
  • ハギ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    総状花序
  • 花冠
    蝶形
  • 葉形
    3出複葉
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型落葉低木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ100.0 ~ 200.0 cm
  • 花径1.0 ~ 1.25 cm

ランダムな花