ルピナス

Lupinus polyphyllus

  • ルピナス
  • ルピナス
  • ルピナス
  • ルピナス
  • ルピナス
  • ルピナス
  • ルピナス
  • ルピナス
  • ルピナス
  • ルピナス
  • ルピナス
  • ルピナス
  • ルピナス
  • ルピナス
  • ルピナス
  • ルピナス
  • ルピナス
  • ルピナス
  • ルピナス
  • ルピナス
  • ルピナス
  • ルピナス
  • 花名
    ルピナス
  • 学名
    Lupinus polyphyllus
  • 別名ノボリフジ, Lupinus, 昇り藤, ラッセルルピナス, Russell lupinus
  • 原産地南ヨーロッパ
  • 開花場所庭, 植物園, 公園
  • 開花期5月, 6月
  • 花言葉想像力

ルピナスとは

ルピナス(学名:Lupinus polyphyllus)は南ヨーロッパ原産で、マメ科ルピヌス属の耐寒性多年草です。花茎先端から総状花序を伸ばし、フジ(藤)に似た蝶形の花を上向きに咲かせます。寒さに強い反面、暑さには弱いです。葉は掌状に分裂します。種子にはアルカロイドが含まれ毒性が強いですが、その反面、漢方薬として用いられます。和名では「昇り藤」とも呼ばれます。似ているとは言え、ルピナスは草本で、藤は木本なので、植物学的には異なります。

ルピナスの花言葉


想像力

ルピナスの詳細説明


一般名:ルピナス(Lupinus)、学名:Lupinus polyphyllus(=Lupinus russell group)、別名:ノボリフジ(昇り藤)、ラッセルルピナス(Russell lupinus)、ルピヌス、ハウチワマメ(羽団扇豆)、宿根ルピナス、分類名:植物界被子植物真正双子葉類マメ目マメ科ルピヌス属(ハウチワマメ属)、原産地:南ヨーロッパ、生活型:多年草、草丈:40〜150 cm、花序形:総状花序 花冠:蝶形 開花期:5〜6月 花径:2 cm 花色:桃・紫・白・青 ・青紫・赤・橙・黄。


  • マメ
  • マメ
  • ルピヌス
  • ルピナス
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    総状花序
  • 花冠
    蝶形
  • 葉形
    掌形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型多年草
  • 花の色桃 青 紫 白
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ40.0 ~ 150.0 cm
  • 花径2.0 ~ 2.0 cm

ランダムな花