アルファルファ

Medicago sativa

  • アルファルファ
  • アルファルファ
  • アルファルファ
  • アルファルファ
  • アルファルファ
  • アルファルファ
  • 花名
    アルファルファ
  • 学名
    Medicago sativa
  • 別名ムラサキウマゴヤシ, Alfalfa, Lucerne, モクシュク, Medicago sativa, 紫馬肥, ルーサン
  • 原産地中央アジアや欧州
  • 開花場所
  • 開花期6月, 7月, 8月

アルファルファとは

アルファルファ(Alfalfa 、学名:Medicago sativa)は、中央アジアから帰化したマメ科ウマゴヤシ属のハーブや野菜類となる落葉性多年草(宿根草)です。花茎から総状花序を伸ばし、夏に紫色の蝶形花を咲かせます。新芽は生食野菜となり、馬などの牧草になり牧草の王者とも呼ばれています。アルファルファにはプロテインや各種ビタミン、カロチン等が含まれ、関節炎や膀胱炎に対する消炎作用、発癌性食物に対する抗がん作用、疲労回復、消化促進効果等があると言われます。カロリーが高い牧草なので馬が食べると肥ることから和名がつけられました。葉を乾燥させたものは緑色系ハーブティとなります。種子は黄色の染料に使われます。

一般名:アルファルファ(Alfalfa) 、学名:Medicago sativa 、分類名:植物界被子植物真正双子葉類マメ目マメ科ウマゴヤシ属、別名:ムラサキウマゴヤシ(紫馬肥)、Lucerne(ルーサン)、モクシュク 、原産地:中央アジア、欧州、草丈:40〜100cm、根:長い(10m) 、茎:中空、葉序:互生、葉色:緑、葉形:三出複葉、花序の形:総状花序、花冠:蝶形、花色:紫、開花期:6月〜8月、花長:0.7〜1 cm 、果実型:硬実種子、果実の形:トウカ(豆果)、種子長:0.1cm、用途:牧草、スプラウト、ハーブティ、染料。


  • マメ
  • マメ
  • ウマゴヤシ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    総状花序
  • 花冠
    蝶形
  • 葉形
    3出複葉
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型落葉性多年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ40.0 ~ 100.0 cm
  • 花径0.7 ~ 1.0 cm

ランダムな花