ヤマアイ

Mercurialis leiocarpa

  • ヤマアイ
  • ヤマアイ
  • ヤマアイ
  • ヤマアイ
  • 花名
    ヤマアイ
  • 学名
    Mercurialis leiocarpa
  • 別名
  • 原産地朝鮮半島、中国、インドシナ、日
  • 開花場所植物園
  • 開花期4月, 5月, 6月, 7月

ヤマアイとは

ヤマアイ(学名:Mercurialis leiocarpa)は、朝鮮半島、中国、インドシナ、日本原産で、トウダイグサ科ヤマアイ属の多年生草本植物です。本州~琉球半島の山林の下床に群生します。万葉集の時代から使われている染料で、青色ではなく緑色に染まります。茎断面は四角形です。雌雄異株。

分類名:植物界被子植物真正双子葉類キントラノオ目トウダイグサ科ヤマアイ属ヤマアイ種、原産地:朝鮮半島、中国、インドシナ、日本、分布:本州~琉球半島、
草丈:30~40 cm、葉序:対生、葉形:楕円形、葉長:10cm、葉縁:鋸歯、葉柄:長い、開花期:4~7月、花序形:穂状花序、花弁:無し、用途:緑色の染料。


  • キントラノオ
  • トウダイグサ
  • ヤマアイ
  • ヤマアイ
  • 花のタイプ
    その他
  • 花序
    円錐/複総状花序
  • 花冠
    花びら無し
  • 葉形
    楕円形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型多年生草本植物
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ30.0 ~ 40.0 cm
  • 花径0.0 ~ 0.0 cm

ランダムな花