セリ

Oenanthe javanica

万葉集でよまれた草木, 季節-春

  • セリ
  • セリ
  • セリ
  • セリ
  • セリ
  • セリ
  • セリ
  • セリ
  • セリ
  • セリ
  • セリ
  • セリ
  • セリ
  • セリ
  • 花名
    セリ
  • 学名
    Oenanthe javanica
  • 別名シロネグサ, Japanese parsley, 芹, 白根草, Chinese celery
  • 原産地日本
  • 開花場所野原・畦道, 田んぼ
  • 開花期7月, 8月
  • 花言葉清廉潔白

セリとは

セリ(芹、学名:Oenanthe javanica )とは、日本原産でセリ科セリ属の湿地性多年草です。開花は夏ですが、春の若い茎葉を野菜とするので春の七草の一つとされます。日本全国の田んぼや畦道などに生え、生えている場所によりミズゼリ(水芹)、タゼリ(田芹)、オカゼリ(丘芹)と呼ばれます。
草丈は30〜60cmで、地下茎で横に這います。茎には稜があります。葉は薄緑色で葉質は柔らかく独特の匂いがあります。葉は2回羽状複葉で小葉は菱卵形をしています。7~8月に、花茎先端あら傘状花序を伸ばし、極く小さな白い五弁花を咲かせます。地下茎で生えるためセリは狭い場所に密集して生え、その様子をせり合うと表現し「セリ」の名前がついたとされます。用途は、葉茎を葉野菜に使います。猛毒のドクセリ(毒芹)と似ているので要注意です。セリは万葉集でも詠われています。


万葉集 第20巻 4455番歌 作者:橘諸兄(葛城王)

原文
安可祢左須 比流波多々婢弖 奴婆多麻乃 欲流乃伊刀末仁 都賣流芹子許礼

訓読
安可祢(あかね、茜)左須(さす、射す) 比流(昼)波(は)多々婢(田賜び)弖(て) 奴婆多麻(ぬばたま)乃(の) 欲流(夜)乃(の)伊刀末(いとま)仁(に) 都賣流(摘める)芹(芹)子許礼(これ)

かな
茜(あかね)指す(さす) 昼(ひる)は(田賜び=班田使として田を配分する仕事)(たたび)て 射干玉(ぬばたま)の 夜(よる)の


昼は班田使として田を配分する仕事をし 夜に時間を見つけて 摘んだつんだのだよ、この芹子(せり)は。

一般名:セリ(芹)、学名:Oenanthe javanica 、分類名:植物界被子植物真正双子葉類セリ目セリ科セリ属 、別名:シロネグサ(白根草)、Japanese parsley、Chinese celery、生息分布:日本全国、環境:水田、畦道、田んぼ 、 生活型:湿地性多年草、草丈:30~60cm 草姿:横に這う、茎形:稜がある、葉色:薄緑、葉質:柔らかい、小葉形:菱形、葉形:2回羽状複葉、小葉形:卵形、葉縁:決刻有、開花期:7~8月、花序形:傘状花序/複散形花序、小花形:極小の五弁花、小花色:白、雄蕊数:5、用途:葉茎を野菜に 、特徴:独特の香り、食用。


  • セリ
  • セリ
  • セリ
  • セリ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    散形花序/傘形
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
    2回羽状複葉
  • 葉縁
    欠刻状
  • 生活型湿地性多年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ30.0 ~ 60.0 cm
  • 花径0.2 ~ 0.2 cm

ランダムな花