ガウラ

Oenothera lindheimeri

野趣豊

  • ガウラ
  • ガウラ
  • ガウラ
  • ガウラ
  • ガウラ
  • ガウラ
  • ガウラ
  • ガウラ
  • ガウラ
  • ガウラ
  • 花名
    ガウラ
  • 学名
    Oenothera lindheimeri
  • 別名ヤマモモソウ, Gaura, 山桃草, ハクチョウソウ, Whirling Butterflies, ワーリング・バタフライズ, リンドハイメリ, lindheimeri
  • 原産地北米
  • 開花場所
  • 開花期5月, 6月, 7月, 8月, 9月, 10月, 11月

ガウラとは

ガウラ(Gaura、学名:Oenothera lindheimeri )は、北米原産で、アカバナ科ガウラ属の耐寒性多年草です。以前の学名は、Gaura lindheimeriでした。初夏〜秋に、穂状または総状花序に、白または薄桃色の小さな4弁花を咲かせます。長い雄蕊が目立ちます。白花品種はハクチョウソウ(白蝶草)、桃色花品種はヤマモモソウ(山桃草)とも呼ばれます。野趣のある庭作りができますが、茎がひょろ長く伸びて姿が乱れまとまりにくいので、紐で縛られている姿を良く見かけます。

一般名:ガウラ(Gaura)、学名:Oenothera lindheimeri 、旧学名:Gaura lindheimeri、別名:リンドハイメリ、ヤマモモソウ(山桃草:桃色花)、ハクチョウソウ(白蝶草:白花) 、Whirling Butterflies(ワーリング・バタフライズ)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類フトモモ目アカバナ科ガウラ属(ヤマモモソウ属)、原産地:北米、草丈:50-150cm、葉形:鉾形~狭披針形、葉縁:鋸歯有り、開花期:5月〜11月、花弁数:4、花径:2〜3cm、花色:白・薄桃・赤


  • フトモモ
  • アカバナ
  • ガウラ
  • ガウラ
  • 花のタイプ
    左右相称花
  • 花序
    穂状花序
  • 花冠
    4弁花
  • 葉形
    矛形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型耐寒性多年草
  • 花の色白 桃
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ50.0 ~ 150.0 cm
  • 花径2.0 ~ 3.0 cm

ランダムな花