ウチワサボテン

Opuntia ficus-indhica

  • ウチワサボテン
  • ウチワサボテン
  • ウチワサボテン
  • ウチワサボテン
  • ウチワサボテン
  • ウチワサボテン
  • ウチワサボテン
  • ウチワサボテン
  • ウチワサボテン
  • ウチワサボテン
  • ウチワサボテン
  • ウチワサボテン
  • 花名
    ウチワサボテン
  • 学名
    Opuntia ficus-indhica
  • 別名オプンティア, 団扇サボテン, Opuntia, サボテン
  • 原産地メキシコ
  • 開花場所特定の地域
  • 開花期6月, 7月, 8月
  • 花言葉偉大

ウチワサボテンとは

ウチワサボテン(団扇サボテン、学名:Opuntia ficus-indhica)はメキシコ原産でサボテン科ウチワサボテン属の多年生灌木です。茎は緑色で、形は扁平な団扇形や円筒形をしており、表面に刺があります。初夏に雄シベを多数持つ黄色い花を咲かせます。花後の晩夏~秋に、赤紫色または黄色いカクタスペア(cactus pear)と呼ばれる果実を付けます。この果実と茎は食用になります。サボテンなので、葉は退化してありません。

一般名:ウチワサボテ(団扇サボテン)、学名:Opuntia ficus-indhica、別名:オプンティア・フィカス・インディカ、オプンティア(Opuntia)、Indian fig opuntia、Barbary fig、cactus pear、spineless cactus、分類名:サボテン科ウチワサボテン属(オプンティア属)、原産地:メキシコ、樹高:3~5 m、雌雄同株、葉:退化して無い、花色:黄、開花期:6月〜8月、果実色:赤・紫・黄・白、果実長:5〜8c m、結実期:8月~10月。


  • ナデシコ
  • サボテン
  • ウチワサボテン
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    多弁形
  • 葉形
  • 葉縁
    棘状
  • 生活型多年性灌木、サボテン
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ10.0 ~ 1000.0 cm
  • 花径5.0 ~ 10.0 cm

ランダムな花