タコノキ

Pandanus boninensis

小笠原原産のタコノキ

  • タコノキ
  • タコノキ
  • タコノキ
  • タコノキ
  • タコノキ
  • タコノキ
  • 花名
    タコノキ
  • 学名
    Pandanus boninensis
  • 別名オガサワラタコノキ, 小笠原蛸の木, キアダン, Screw pine, 蛸の木
  • 原産地小笠原諸島
  • 開花場所海岸, 亜熱帯地域
  • 開花期5月, 6月

タコノキとは

タコノキ(蛸の木、学名:Pandanus boninensis)は小笠原諸島の海岸付近に自生するタコノキ科パンダヌス属の熱帯性常緑低木です。雌雄異株です。花弁はありません。雄花は数枚の総苞に包まれて、白い雄蕊だけの穂状花序を付けます。雌花は球状の肉垂花序に淡緑色の雌蕊を付けます。果実は{{パイナップル}}のような集合果です。果実の形はアダンと異なります。集合果は熟すにつれて黄色から橙色に変色し1片ずつ剥げてポロポロ落果します。樹木は観葉植物や公園樹、防潮林などに、果実は食用油に用いられます。

一般名:タコノキ (蛸の木)、 学名:Pandanus boninensis、別名:オガサワラタコノキ(小笠原蛸の木)、キアダン、Screw pine、分類名:植物界被子植物単子葉類タコノキ目タコノキ科タコノキ属、原産地:小笠原諸島、環境:海岸付近、樹高:5m、葉長:100cm、葉色:緑、葉形:線状披針形、葉縁:棘状の鋸歯、雌雄異株、花弁:無、雄花:雄蕊だけの穂状花序・花序長15~30cm・花序径3~4cm・白花、雌花:肉垂花序1つ・淡緑色花、開花期:5月~6月、結実期:8月~11月、果実形:パイナップル似、果実色:黄色から橙色に変色、果実径:20〜30cm、果実を食べる動物:ヤドカリ(宿借)・ヤシガニ(椰子蟹)・ネズミ(鼠)・コウモリ(蝙蝠)、用途:果実を食用や食用油に、樹木を観賞用や公園樹、防潮林に、
備考:■タコノキとアダンの違い
-タコノキ:樹高:5~10m、樹形:直立、枝数:少。
-アダン:樹高:3m、樹形:斜上屈曲、枝数:多。


  • タコノキ
  • タコノキ
  • タコノキ
  • タコノキ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    穂状花序
  • 花冠
    花びら無し
  • 葉形
    披針形
  • 葉縁
  • 生活型熱帯性常緑低木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ500.0 ~ 1000.0 cm
  • 花径0.1 ~ 0.2 cm

ランダムな花