パッシフロラ・コクシネア

Passiflora coccinea

インテリア・寝具

  • パッシフロラ・コクシネア
  • パッシフロラ・コクシネア
  • 花名
    パッシフロラ・コクシネア
  • 学名
    Passiflora coccinea
  • 別名ベニバナトケイソウ, 紅花時計草, Passiflora coccinea
  • 原産地ブラジル南部
  • 開花場所温室, 植物園, 鉢花
  • 開花期5月, 6月, 7月, 8月, 9月

パッシフロラ・コクシネアとは

パッシフロラ・コクシネア(学名:Passiflora coccinea)は、ブラジル南部原産で、トケイソウ科トケイソウ属の非耐寒性蔓性低木「トケイソウ(時計草)」の一品種です。花が赤いので、和名では、ベニバナトケイソウ(紅花時計草)と呼ばれます。初夏~夏にかけて、鮮紅色の大きな美しい花を咲かせます。トケイソウとは花の形が時計の文字盤と似ていることから命名されたものです。
同属に、青と白のコントラスが美しいトケイソウ(時計草、学名:Passiflora caerulea、カエルレアまたはセルレア、学名:Passiflora caerulea)や、 酸味のある果実がジュースや、ジャム、生食されるクダモノトケイソウ(果物時計草、別名:パッションフルーツ、学名:P. edulis Sims)があります。

一般名:パッシフロラ・コクシネア(Passiflora coccinea)、学名:Passiflora coccinea(パッシフロラ・コクシネア)、別名:ベニバナトケイソウ(紅花時計草)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キントラノオ目トケイソウ科トケイソウ属パッシフロラ・コクシネア種、原産地:ブラジル南部、樹高:300cm~ 花径:10cm 花色:赤 開花期:5~9月 花径:10cm。


  • キントラノオ
  • トケイソウ
  • トケイソウ
  • パッシフロラ・コクシネア
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    集散花序
  • 花冠
    多弁形
  • 葉形
    掌形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型非耐寒性蔓性低木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ300.0 ~ 600.0 cm
  • 花径10.0 ~ 10.0 cm

ランダムな花