ヤノネボンテンカ

Pavonia hast

  • ヤノネボンテンカ
  • ヤノネボンテンカ
  • 花名
    ヤノネボンテンカ
  • 学名
    Pavonia hast
  • 別名タカサゴフヨウ, 矢の根梵天花, 高砂芙蓉, ミニフヨウ
  • 原産地南米
  • 開花場所
  • 開花期8月, 9月

ヤノネボンテンカとは

ヤノネボンテンカ(矢の根梵天花、学名:Pavonia hast)は、南米原産で、アオイ科ヤノネボンテンカ属の落葉低木です。樹高は50~200 cmで、晩夏~初夏に小型の花を咲かせます。葉は鏃形をしています。白い花弁の中心部は濃赤褐色をしています。

一般名:ヤノネボンテンカ(矢の根梵天花)、学名:Pavonia hast、別名:タカサゴフヨウ(高砂芙蓉)、ミニフヨウ、分類名:植物界被子植物真正双子葉類アオイ目アオイ科ヤノネボンテンカ属、原産地:南米、樹高:50~200 cm、葉序:互生、葉形:鏃形、葉身長:5~10 cm、葉縁:鋸歯、花径:5 ~6 cm、開花期:8~9月、用途:庭植え、鉢植え、茶花。


  • アオイ
  • アオイ
  • ヤノネボンテンカ
  • ヤノネボンテンカ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
    矢じり形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型落葉低木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ50.0 ~ 200.0 cm
  • 花径5.0 ~ 6.0 cm

ランダムな花