キハダ

Phellodendron amurense

  • キハダ
  • キハダ
  • キハダ
  • キハダ
  • キハダ
  • キハダ
  • キハダ
  • キハダ
  • キハダ
  • キハダ
  • 花名
    キハダ
  • 学名
    Phellodendron amurense
  • 別名ヒロハノキハダ, 黄蘗, 広葉の黄蘗, Amur cork tree
  • 原産地アジア
  • 開花場所低山, 墓地・寺院, 公園
  • 開花期5月, 6月, 7月

キハダとは

キハダ(黄蘗 、学名:Phellodendron amurense)とは、アジア原産で、ミカン科キハダ属の落葉高木です。花名は、厚い樹皮を剥ぐと現れる内皮が鮮黄色をしていることに拠ります。黄色い内皮は、漢方薬の胃薬「黄檗(おうばく)」や染料の材料となります。春~夏に、円錐花序を伸ばし黄色い小花を咲かせます。秋に黄葉します。

一般名:キハダ(黄蘗) 、学名:Phellodendron amurense、別名:ヒロハノキハダ(広葉の黄蘗)、Amur cork tree 、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ムクロジ目ミカン科キハダ属、原産地:アジア、環境:山地、生活型:落葉高木、樹高:20m、樹皮:黄灰色、内皮:黄、葉形:奇数羽状複葉、葉序:対生、葉縁:鋸歯、雌雄異株、雄花:5本の雄蕊、開花期:5月~7月、花色:薄黄緑、花弁数:5、雄蕊葯:黄色、花序形:円錐花序、結実期:9月‐11月、果実型:核果、果実形:球形、果実径:1cm、果実色:黒、種子数:5。


  • ムクロジ
  • ミカン
  • キハダ
  • キハダ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    円錐/複総状花序
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
    奇数羽状複葉
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型落葉高木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ1000.0 ~ 2000.0 cm
  • 花径0.7 ~ 1.0 cm

ランダムな花