オウゴンチュウ

Pilosocereus chrysostele

  • オウゴンチュウ
  • オウゴンチュウ
  • 花名
    オウゴンチュウ
  • 学名
    Pilosocereus chrysostele
  • 別名黄金柱, ピロソケレウス, 黄金竜, Pilosocereus chrysostele
  • 原産地ブラジル北東部
  • 開花場所温室
  • 開花期9月

オウゴンチュウとは

オウゴンチュウ(黄金柱、学名:Pilosocereus chrysostele)はブラジル北東部原産で、サボテン科ピロソケレウス属の灌木です。柱サボテンの一種で、基部のみ枝分かれします。幹軸は明緑色で、淡黄色い棘で覆われます。chrysosteleは「金の柱」という意味です。

一般名:オウゴンチュウ(黄金柱)、学名:Pilosocereus chrysostele、又名:ピロソケレウス・クリソステレ、黄金竜、華麗柱、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ナデシコ目サボテン科、株高:1.5~3 m、花色:ピンク、白、花冠:漏斗型、開花期:9月、花径:3.5 cm。


  • ナデシコ
  • サボテン
  • ピロソケレウス
  • オウゴンチュウ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    漏斗形/トランペット形
  • 葉形
    その他
  • 葉縁
    棘状
  • 生活型サボテン
  • 花の色薄黄
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ150.0 ~ 300.0 cm
  • 花径3.0 ~ 4.0 cm

ランダムな花