ツタンカーメンのエンドウ

Pisum sativum 'pea of tutankhamen'

  • ツタンカーメンのエンドウ
  • ツタンカーメンのエンドウ
  • ツタンカーメンのエンドウ
  • ツタンカーメンのエンドウ
  • ツタンカーメンのエンドウ
  • ツタンカーメンのエンドウ
  • ツタンカーメンのエンドウ
  • ツタンカーメンのエンドウ
  • ツタンカーメンのエンドウ
  • ツタンカーメンのエンドウ
  • 花名
    ツタンカーメンのエンドウ
  • 学名
    Pisum sativum 'pea of tutankhamen'
  • 別名Pea of Tutankhamen, エンドウ
  • 原産地メソポタミア
  • 開花場所畑, 植物園
  • 開花期3月, 4月, 5月

ツタンカーメンのエンドウとは

ツタンカーメンのエンドウ(Pea of Tutankhamen、学名:Pisum sativum 'Pea of Tutankhamen') はメソポタミア原産で、マメ科エンドウ属の一年草です。神秘のエンドウマメと呼ばれます。ツタンカーメン王(Tut King)の墓から出土された、豆の子孫とされます。赤花を咲かせ、花後に紫色の莢を成らせます。鞘の中には通常のエンドウと同じ緑色の豆が7粒ほど入っています。実えんどうの一種で、豆は普通のえんどう豆と同様に食用となります。

一般名:ツタンカーメンのエンドウ(Tutankhamun、学名:Pisum sativum 'Pea of Tutankhamen' (ピスム・サティブム) 、別名:Pea of Tutankhamen、King Tut Purple Pea、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱マメ目マメ科エンドウ属 、原産地:メソポタミア、草丈:200~300 cm、花色:赤、花期:3月~5月、莢色:紫色、豆色:緑色、収穫期:周年(5~6月が旬) 。


  • マメ
  • マメ
  • エンドウ
  • ツタンカーメンのエンドウ
  • 花のタイプ
    左右相称花
  • 花序
    頭状花序
  • 花冠
    蝶形
  • 葉形
    3出複葉
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型一年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ200.0 ~ 300.0 cm
  • 花径0.5 ~ 0.5 cm

ランダムな花