トキソウ

Pogonia japonica

  • トキソウ
  • トキソウ
  • 花名
    トキソウ
  • 学名
    Pogonia japonica
  • 別名朱鷺草, Pogonia
  • 原産地日本・朝鮮半島・中国の東アジア
  • 開花場所
  • 開花期5月, 6月, 7月

トキソウとは

トキソウ(朱鷺草、学名:Pogonia japonica)は日本等が原産地でラン科の落葉性多年草です。日当たりの良い湿地に群落する野生ランで、地下の根茎を伸ばして多数の茎を地上に出します。葉は披針形から長楕円形で茎の下方に1枚だけ付きます。初夏に、花茎先端に桃色の小花を1輪だけ横向きに咲かせます。花は、萼片1枚、側花弁2枚、(3裂する)唇弁1枚から構成されます。花の下に細長く伸びた苞があります。唇弁は外側が白く、内側には沢山の髭状のものがあります。学名のPogonia(ポゴニア)は髭のあるというラテン語です。花名は、花色と形が天然記念物とされる鳥の朱鷺に似ていることに拠ります。

一般名:トキソウ(朱鷺草)、学名:Pogonia japonica、分類名:植物界被子植物単子葉類キジカクシ目ラン科トキソウ属トキソウ種、原産地:日本・朝鮮半島・中国の東アジア、生息分布:北海道〜九州の日本、生活環境:日当たりの良い湿原、生活型:多年草、草丈:15〜25 cm、葉形:披針形から長楕円形、葉の出る場所:花茎の中程に1枚だけ付く、葉長:10 cm、葉幅:1 cm、単頂花序、開花期:5月〜7月、花色:桃色、花冠形:萼片1+側花弁2+(3裂する)唇弁1、花長:2 cm、果実形:蒴果。


  • キジカクシ
  • ラン
  • トキソウ
  • トキソウ
  • 花のタイプ
    左右相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    ラン形
  • 葉形
    長楕円形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型落葉性多年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ15.0 ~ 25.0 cm
  • 花径2.0 ~ 2.0 cm

ランダムな花