バクチノキ

Prunus zippeliana

  • バクチノキ
  • バクチノキ
  • バクチノキ
  • バクチノキ
  • バクチノキ
  • バクチノキ
  • バクチノキ
  • バクチノキ
  • 花名
    バクチノキ
  • 学名
    Prunus zippeliana
  • 別名博打の木
  • 原産地日本、中国、ベトナム
  • 開花場所
  • 開花期9月, 10月

バクチノキとは

バクチノキ(博打の木、学名:Prunus zippeliana)とは、日本、中国、ベトナム原産でバラ科サクラ属の落葉高木です。朱色の木肌が鮮やかで目立ちます。木は淡灰色の樹皮で覆われていますが剥がれ落ちやすく地肌が見えます。秋に白い五弁花を咲かせます。初夏に黒紫色の果実が成ります。

一般名:バクチノキ(博打の木)、学名:Prunus zippeliana、別名:ビランジュ(毘蘭樹)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類バラ目バラ科サクラ属バクチノキ種、原産地:日本、中国、ベトナム、葉色:深緑色、葉身長:10-20 cm、葉形:長楕円形、葉縁:鋸歯、開花期:秋、花色:白、花弁形:五弁花、果実色:黒紫色、結実期:初夏、用途:薬


  • バラ
  • バラ
  • サクラ
  • バクチノキ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    散房花序
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
    長楕円形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型落葉高木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ500.0 ~ 3000.0 cm
  • 花径3.0 ~ 3.5 cm

ランダムな花