コバノイチヤクソウ

Pyrola alpina

  • コバノイチヤクソウ
  • コバノイチヤクソウ
  • コバノイチヤクソウ
  • コバノイチヤクソウ
  • コバノイチヤクソウ
  • コバノイチヤクソウ
  • 花名
    コバノイチヤクソウ
  • 学名
    Pyrola alpina
  • 別名
  • 原産地日本~南千島
  • 開花場所高山, 亜高山
  • 開花期7月, 8月

コバノイチヤクソウとは

コバノイチヤクソウ(小葉の一薬草、学名:Pyrola alpina)は、日本~南千島原産でツツジ科イチヤクソウ属の高山性常緑多年草です。
初夏~夏に、北海道~本州中部以北の低山帯上部から高山帯下部の針葉樹林下の針葉樹下に群生します。
ロゼッタ状の根生葉の間から、夏に花茎を出して先端から総状花序を伸ばし白い小さな鐘形の花を下向きに咲かせます。

一般名:コバノイチヤクソウ(小葉の一薬草)、学名:Pyrola alpina、
分類名:植物界被子植物単子葉植物ツツジ目ツツジ科イチヤクソウ属コバノイチヤクソウ種、
生息分布:北海道~本州中部地方以北、環境:亜高山帯の針葉樹下に群生、
生活型:高山性常緑多年草開花期:7月~8月、花径:0.3 cm、花色:白、小花形:鐘形で下向きに咲く、
果実型:蒴果、果実径:0.5 cm。


  • ツツジ
  • ツツジ
  • イチヤクソウ
  • コバノイチヤクソウ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    円錐/複総状花序
  • 花冠
    鐘形
  • 葉形
    楕円形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型高山性常緑多年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ10.0 ~ 15.0 cm
  • 花径0.3 ~ 0.3 cm

ランダムな花