ヒメリュウキンカ "サーモンス・ホワイト"

Ranunculus ficaria cv. salmon's white

  • ヒメリュウキンカ "サーモンス・ホワイト"
  • ヒメリュウキンカ "サーモンス・ホワイト"
  • ヒメリュウキンカ "サーモンス・ホワイト"
  • ヒメリュウキンカ "サーモンス・ホワイト"
  • 花名
    ヒメリュウキンカ "サーモンス・ホワイト"
  • 学名
    Ranunculus ficaria cv. salmon's white
  • 別名Salmon's white, 姫立金花
  • 原産地園芸品種
  • 開花場所庭, 鉢花
  • 開花期3月, 4月, 5月

ヒメリュウキンカ "サーモンス・ホワイト"とは

ヒメリュウキンカ "サーモンス・ホワイト"(姫立金花サーモンス・ホワイト、学名:Ranunculus ficaria cv. Salmon's white)は姫立金花の園芸品種です。

一般名:ヒメリュウキンカ "サーモンス・ホワイト"(姫立金花サーモンス・ホワイト)、学名:Ranunculus ficaria cv. Salmon's white、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キンポウゲ目キンポウゲ科キンポウゲ属、原産地:園芸品種、(原種はイギリスなどの欧州)、環境:湿った日陰、生活型:多年草、草丈:5~10 cm、葉色:暗緑、葉形:心形、葉幅:5 cm、葉長:5~10 cm、葉縁:鈍い鋸歯、開花期:3月~5月、花色:薄肌色・白、花径:3~4 cm、花弁(花に見える萼片)数:5、果実:袋果、果実長:1 cm、果実色:黄色地に赤、用途:観賞用、若芽を山菜に(要注意)。


  • キンポウゲ
  • キンポウゲ
  • キンポウゲ
  • ヒメリュウキンカ "サーモンス・ホワイト
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    散房花序
  • 花冠
    仮面状花冠
  • 葉形
    心臓形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型多年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ5.0 ~ 10.0 cm
  • 花径3.0 ~ 4.0 cm

ランダムな花