ホウライアオキ

Rauvolfia verticillata

血圧降下剤の原料

  • ホウライアオキ
  • ホウライアオキ
  • ホウライアオキ
  • ホウライアオキ
  • ホウライアオキ
  • ホウライアオキ
  • 花名
    ホウライアオキ
  • 学名
    Rauvolfia verticillata
  • 別名Rauvolfia verticillata, 蓬莱青木
  • 原産地台湾、ベトナム、中国南部
  • 開花場所温室, 果樹園
  • 開花期6月, 7月

ホウライアオキとは

ホウライアオキ(蓬莱青木、学名:Rauvolfia verticillata)は、台湾、ベトナム、中国南部原産で、キョウチクトウ科インドジャボク属の常緑小灌木です。良く分枝します。葉は長楕円形で、輪生又は対生します。原産地ではほぼ周年開花します(日本では6月~9月頃)。花序の先端に35以上の小さな純白の花を付けます。花は筒が長い漏斗状で、先端が5裂し風車のように捩じれています。雄蕊は5本あります。10月~11月頃に成る果実は1.4cm長の楕円形の核果で、血圧降下作用、鎮静作用のあるレセルピン(reserpine)とを含有します。果実色は緑→赤→紫黒に変化します。根や茎、葉を薬用とするために栽培されます。


  • リンドウ
  • キョウチクトウ
  • インドジャボク
  • ホウライアオキ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    散形花序/傘形
  • 花冠
    高杯形
  • 葉形
    長楕円形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型常緑小灌木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ200.0 ~ 500.0 cm
  • 花径0.8 ~ 1.0 cm

ランダムな花