ヒカゲツツジ

Rhododendron keiskei

  • ヒカゲツツジ
  • ヒカゲツツジ
  • ヒカゲツツジ
  • ヒカゲツツジ
  • 花名
    ヒカゲツツジ
  • 学名
    Rhododendron keiskei
  • 別名日陰躑躅, ツツジ, サワテラシ
  • 原産地日本
  • 開花場所植物園, 低山, 公園, 川・池
  • 開花期4月, 5月

ヒカゲツツジとは

ヒカゲツツジ(日陰躑躅、学名:Rhododendron keiskei )は日本固有種で、ツツジ科ツツジ属の常緑広葉低木です。日本の本州、四国、九州の山地や岩場に自生します。樹高は100~120cm程です。葉は緑色、長楕円形で、互生して付きます。4月~5月に薄黄色のシャクナゲに似た薄黄色の花を2~3輪咲かせます。花径は3~4 cmで5裂します。用途は植木や鉢植え。


  • ツツジ
  • ツツジ
  • ツツジ
  • ヒカゲツツジ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    総状花序
  • 花冠
    漏斗形/トランペット形
  • 葉形
    楕円形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型常緑広葉低木
  • 花の色薄黄
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ100.0 ~ 200.0 cm
  • 花径3.0 ~ 4.0 cm

ランダムな花