モッコウバラ

Rosa banksiae

  • モッコウバラ
  • モッコウバラ
  • モッコウバラ
  • モッコウバラ
  • モッコウバラ
  • モッコウバラ
  • モッコウバラ
  • モッコウバラ
  • モッコウバラ
  • モッコウバラ
  • 花名
    モッコウバラ
  • 学名
    Rosa banksiae
  • 別名Bank's Rose, 木香薔薇, Banksia rose, モッコウカ
  • 原産地中国
  • 開花場所庭, 植物園, 公園, 園芸品種, 鉢花
  • 開花期5月
  • 花言葉あなたにふさわしい人

モッコウバラとは

モッコウバラ(木香薔薇、学名:Rosa banksiae)は、中国原産で、バラ科バラ属の耐寒性常緑蔓性低木です。 バラ(薔薇)の原種です。初夏に、淡黄色、または白色の小花を咲かせます。花は一重咲きと八重咲きがあります。八重咲きには刺が無く、一重咲きには刺が有ります。白花には芳香がありますが、八重咲きには芳香がありません。代表品種には以下のものがありますが、それらの園芸品種も多数出回っています。

●代表的な品種
ロサ・バンクシア・バンクシア(Rosa banksiae var.banksiae)は中国で開発された栽培品種で、殆どの雄蕊が花弁に転換された半八重咲きまたは八重咲き、
ロサ・バンクシア・ルテスケンス(学名:Rosa banksiae f. lutescens)は黄モッコウバラの一重咲き、
ロサ・バンクシア・ルテア(Rosa banksiae f. lutea)は黄モッコウバラの八重咲きでモッコウバラ と言えば本種を指します。
ロサ・バンクシア・ノルマリス(Rosa banksiae var. normalis)は白モッコウバラの一重咲き、
ロサ・バンクシア・アルバ(Rosa banksiae Aiton 'Alba')は白モッコウバラの八重重咲きです。

一般名:モッコウバラ(木香薔薇)、学名:Rosa banksiae 、分類名:植物界被子植物真双子葉類バラ目バラ科バラ属モッコウバラ種 、別名:別名は「モッコウカ(木香花)」、「スダレイバラ(簾垂薔薇、簾茨)」、英名:Bank's Rose、Banksia rose (バンクシア ローズ) 、原産地:中国、草丈:100~700cm、葉茎:棘なし、 葉形:奇数羽状複葉、小葉数:3~5枚、小葉形:長楕円形で先端は鈍頭、 鋸歯:細かい鋸歯あり、 葉身:3~4cm、葉色:濃緑(表)、緑(葉裏)、托葉形:線形で開花前に脱落して見えず、 開花期:5月、花色:黄・白、花序形:散房花序で10~15の小花をつける、花冠径:3cm、特徴:バラの仲間だが棘が無く丈夫で育てやすい、用途:庭園のアーチ、フェンス。


  • バラ
  • バラ
  • バラ
  • モッコウバラ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    散房花序
  • 花冠
    バラ形
  • 葉形
    奇数羽状複葉
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型耐寒性常緑蔓性低木
  • 花の色薄黄 白
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ100.0 ~ 700.0 cm
  • 花径2.0 ~ 3.0 cm

ランダムな花