サンセベリア・トリファスキアータ

Sansevieria triafasciata

  • サンセベリア・トリファスキアータ
  • サンセベリア・トリファスキアータ
  • サンセベリア・トリファスキアータ
  • サンセベリア・トリファスキアータ
  • 花名
    サンセベリア・トリファスキアータ
  • 学名
    Sansevieria triafasciata
  • 別名アツバチトセラン, 厚葉千歳蘭, sansevieria, サンセベリア・トリファスキアータ, Snake Plant, mother-in-law's tongue, tora no o, サンスベリア, トラノオ
  • 原産地ナイジェリア~コンゴの熱帯アフリカ
  • 開花場所観葉植物
  • 開花期8月, 9月, 10月
  • 花言葉「永久」「不滅」

サンセベリア・トリファスキアータとは

サンセベリア・トリファスキアータ(学名:Sansevieria triafasciata)は、ナイジェリア~コンゴの熱帯アフリカ原産で、キジカクシ科チトセラン属の非耐寒性・常緑多年性多肉植物です。地下茎から硬い剣状の葉を叢生します。葉は、肉厚で周年観賞できます。葉は灰緑色で濃緑色のギザギザした縞模様が入りこそれが虎の尻尾ように見えるためトラノオとも呼ばれます。地下茎から30~80 cmの穂状花序を伸ばし、3~8個の白~淡緑色の百合に似た咲かせます。

一般名:サンセベリア・トリファスキアータ(Sansevieria triafasciata) 、学名:Sansevieria triafasciata 、別名:アツバチトセラン(厚葉千歳蘭)、Snake Plant 、mother-in-law's tongue、トラノオ(虎の尾、tora no o)、サンスベリア、分類名:植物界被子植物単子葉類キジカクシ目キジカクシ科チトセラン属(サンセベリア属)アツバチトセラン種(サンセベリア・トリファスキアータ種)、原産地:熱帯アフリカ、生息分布:乾燥地帯、草丈25~120 cm、花序形:穂状花序、花径:3 cm、開花期:8月~10月、花弁形:ユリ型(3枚の花弁と3枚の萼片が変化したもの)、用途:観葉植物、空気の洗浄。


  • キジカクシ
  • キジカクシ
  • チトセラン
  • アツバチトセラン
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    穂状花序
  • 花冠
    ユリ形
  • 葉形
    剣形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型非耐寒性・常緑多年性多肉植物
  • 花の色白 薄黄
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ25.0 ~ 120.0 cm
  • 花径2.5 ~ 3.5 cm

ランダムな花