ヒカリゴケ

Schistostega pennata

  • ヒカリゴケ
  • ヒカリゴケ
  • ヒカリゴケ
  • ヒカリゴケ
  • 花名
    ヒカリゴケ
  • 学名
    Schistostega pennata
  • 別名光苔, Hikarigoke
  • 原産地北半球の寒冷地
  • 開花場所野原・畦道, 北海道
  • 開花期
  • 花言葉「母性愛」、「 信頼」

ヒカリゴケとは

ヒカリゴケ(光苔、学名:Schistostega pennata)は北半球の寒冷地原産で、ヒカリゴケ科ヒカリゴケ属の微小なコケ植物蘇類です。日本では、中部地方以北~北海道の岩陰や大木の根元、洞窟などの暗い湿った土上に自生します。植物体は高さ1 cm弱です。細胞が光を反射して緑色に光っているように見えます。

一般名:ヒカリゴケ(光苔)、学名:Schistostega pennata、分類名:植物界マゴケ植物門マゴケ網シッポゴケ目ヒカリゴケ科ヒカリゴケ属ヒカリゴケ種、植物体高さ:1 cm弱。


  • シッポゴケ
  • ヒカリゴケ
  • ヒカリゴケ
  • ヒカリゴケ
  • 花のタイプ
  • 花序
  • 花冠
  • 葉形
    披針形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型コケ植物蘇類
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ0.7 ~ 0.8 cm
  • 花径 ~ cm

ランダムな花