ハチジョウキブシ

Stachyurus praecox var. matsuzakii

  • ハチジョウキブシ
  • ハチジョウキブシ
  • ハチジョウキブシ
  • ハチジョウキブシ
  • ハチジョウキブシ
  • ハチジョウキブシ
  • ハチジョウキブシ
  • ハチジョウキブシ
  • ハチジョウキブシ
  • ハチジョウキブシ
  • 花名
    ハチジョウキブシ
  • 学名
    Stachyurus praecox var. matsuzakii
  • 別名ナンバンキブシ, 八丈木五倍子, 南蛮木五倍子
  • 原産地八丈島等の伊豆七島
  • 開花場所海岸, 特定の地域
  • 開花期3月, 4月

ハチジョウキブシとは

ハチジョウキブシ(八丈木五倍子、学名:Stachyurus praecox var. matsuzakii)はキブシ科キブシ属の落葉低木「キブシ(木五倍子、学名:Stachyurus praecox)」の変種で八丈島等の伊豆七島に自生します。
通常見かけるキブシより花序や葉が大きいです。春に、葉が出る前に、花序を伸ばし黄色い小さな紡錘形の四弁花を多数枝垂れさせます。

一般名:ハチジョウキブシ(八丈木五倍子) 、学名:Stachyurus praecox var. matsuzakii 、別名:ナンバンキブシ(南蛮木五倍子)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類クロッソソマ目キブシ科キブシ属 、分布:八丈島などの伊豆七島 生活環境:海岸線近傍の山野、生活型:低木、樹高:300~500cm、開花期:3月~4月、花色:黄、花径:1cm。


  • クロッソソマ
  • キブシ
  • キブシ
  • ハチジョウキブシ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
  • 花冠
    4弁花
  • 葉形
  • 葉縁
  • 生活型落葉低木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ300.0 ~ 500.0 cm
  • 花径1.0 ~ 1.0 cm

ランダムな花