ハマセンダン

Tetradium glabrifolium

  • ハマセンダン
  • ハマセンダン
  • ハマセンダン
  • ハマセンダン
  • ハマセンダン
  • ハマセンダン
  • ハマセンダン
  • ハマセンダン
  • 花名
    ハマセンダン
  • 学名
    Tetradium glabrifolium
  • 別名シマクロキ, ウラジロゴシュユ
  • 原産地日本~中国、台湾
  • 開花場所街路、植栽
  • 開花期7月, 8月, 9月

ハマセンダンとは

ハマセンダン(浜栴檀、学名:Tetradium glabrifolium)は、日本~中国、台湾原産で、ミカン科ゴシュユ属の落葉高木です。本州の三重県以南に自生します。花名は、奇数羽状複葉の葉がセンダン(栴檀、学名:Melia azedarach)に似ていることと、海岸に自生することに拠ります。

一般名:ハマセンダン(浜栴檀)、学名:Tetradium glabrifolium シノニム:Tetradium glabrifolium var. glaucum、又名:シマクロキ(島黒木)、ウラジロゴシュユ、分類名:植物界被子植物真正双子葉類目ミカン科ゴシュユ属、雌雄異株、樹皮色:黒褐色、樹高:10~15 m、葉形:奇数羽状複葉、小葉数:7~11枚、葉序:対生、小葉形:卵形~楕円状披針形、葉長:6~10 cm、花序形:集散花序/散房花序、開花期:7月~9月、葉身長:20~30 cm、小葉長:3~10 cm、花径:0.8 cm、果実型:蒴果、果実形:球形、果実経:0.8~1 cm、種子長:0.3 cm。


  • ムクロジ
  • ミカン
  • ゴシュユ
  • ハマセンダン
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    集散花序
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
    奇数羽状複葉
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型落葉高木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ1000.0 ~ 1500.0 cm
  • 花径0.8 ~ 0.8 cm

ランダムな花