カカオ

Theobroma cacao l.

  • カカオ
  • カカオ
  • カカオ
  • カカオ
  • カカオ
  • カカオ
  • カカオ
  • カカオ
  • カカオ
  • カカオ
  • カカオ
  • カカオ
  • 花名
    カカオ
  • 学名
    Theobroma cacao l.
  • 別名カカオノキ, Chocolate tree
  • 原産地熱帯アメリカ
  • 開花場所
  • 開花期8月, 9月, 10月

カカオとは

カカオ(学名:Theobroma cacao L.)は、熱帯アメリカ原産でアオイ科の常緑小高木と果実のことを言います。白い小花が房状に幹や枝に直接付きます。現地では周年開花するようですが、日本では温室なら執念、自然開花は沖縄のように常温が20度以上のある場所では、8月頃から開花するようです。花が咲いてから半年ほど後に、幹から直に果実が成ります。果実は春に結実し縦に溝のある紡錘形をしています。果実の中には、20~60個の種子(カカオ豆)が5列に収まっています。カカオ豆はチョコレートやココアの原料となります。カカオ豆を焙煎して潰したものがカカオペーストです。それを純粋に練り固めたものが純度の高いチョコレートとなります。それに砂糖やミルク、香料を加えて練り固めると甘く風味のあるチョコレートになります。カカオペーストから座薬の基剤となる「カカオ脂」を取り除いたものがとココアの原料になります。

一般名:カカオ(Cacao)、学名:Theobroma cacao L.、分類名:植物界被子植物真正双子葉類アオイ目アオイ科カカオ属カカオ種、原産地:熱帯アメリカ、栽培分布:世界の熱帯〜亜熱帯地域、別名:カカオノキ、Chocolate tree、樹高:6〜 8m、葉長:20〜30cm、花色:白、開花期:現地では周年、日本では温室で周年、自然開花は沖縄などで8月~10月頃、結実期:3月〜6月、果実形:縦に溝有る紡錘形、果実長:30 cm、果実直径:10 cm、果実色:緑、褐色、黄色、赤。


  • アオイ
  • アオイ
  • カカオ
  • カカオ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    散房花序
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
    心臓形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型常緑小高木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ600.0 ~ 800.0 cm
  • 花径1.0 ~ 2.0 cm

ランダムな花