ボダイジュ

Tilia miqueliana

  • ボダイジュ
  • ボダイジュ
  • 花名
    ボダイジュ
  • 学名
    Tilia miqueliana
  • 別名菩提樹
  • 原産地中国 
  • 開花場所植物園
  • 開花期6月, 7月
  • 花言葉夫婦愛

ボダイジュとは

ボダイジュ(菩提樹、学名:Tilia miqueliana)は、中国原産で、アオイ科シナノキ属ボダイジュ種の落葉高木です。夏、枝先の葉腋から集散花序を伸ばし黄色い花を咲かせます。

●菩提樹の種類
ボダイジュには多数あり、ナツボダイジュ、フユボダイジュ、アメリカボダイジュ、オオバボダイジュ、マンシュウボダイジュ、ツクシボダイジュなどがあります。シューベルトの歌曲「菩提樹」に出てくる木は、セイヨウボダイジュ(西洋菩提樹)とされます。
尚、お釈迦様がその木の下で悟りを開いたといわれるインドボダイジュ(印度菩提樹)はクワ科の植物で別物です。

一般名:ボダイジュ(菩提樹)、学名:Tilia miqueliana、別名:コバノシナノキ、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱アオイ目アオイ科シナノキ属ボダイジュ種、原産地:中国、生活型:落葉高木、樹高:8~10 m、葉序:互生 葉形:三角状円形 葉縁:鋭い鋸歯有、花序形:集散花序、花の出る場所:枝先の葉腋、花径:1.5 cm、開花期:6月〜7月、花色:淡黄色、果実型:堅果、果実形:球形、果実径:0.8 cm


  • アオイ
  • アオイ
  • シナノキ
  • ボダイジュ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    集散花序
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
    心臓形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型落葉高木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ800.0 ~ 1000.0 cm
  • 花径1.5 ~ 1.5 cm

ランダムな花