フユコムギ

Triticum aestivum

  • フユコムギ
  • フユコムギ
  • 花名
    フユコムギ
  • 学名
    Triticum aestivum
  • 別名コムギ, 小麦, Triticum aestivum , 冬小麦, Wheat
  • 原産地コーカサス~イラク
  • 開花場所
  • 開花期4月, 5月, 6月

フユコムギとは

フユコムギ(学名:Triticum aestivum)は、コーカサス~イラク原産でイネ科のコムギ(小麦)の1年草です。世界中で収穫される小麦の大部分がこの冬小麦です。 秋に種を蒔き越冬し初夏に収穫されます。米国カンザスシチーは冬小麦の最大の生産地として知られます。春に種を蒔いて、秋に収穫するものは、ハルコムギ(春小麦)と呼ばれます。コムギを挽いたものがコムギ粉(wheat flour:ウィート・フラワー)です。コムギ粒の75%を占める胚乳だけを挽いたものが小麦粉、残り25%のふすまも含めて100%挽いたものが全粒粉です。小麦粉の種類には、薄力粉や、 中力粉、 強力粉、浮き粉・沈粉(ジンコ)、全粒粉、 セモリナ(Semolina)があります。コムギ(小麦)、ジャガイモ(じゃが芋)、イネ(米)、トウモロコシ(玉蜀黍) を世界の四大主食と言います。
冬小麦の詳細は https://www.kagiken.co.jp/new/kojimachi/hana-fuyukomugi_large.htmlをご参照ください。

一般名:フユコムギ(冬小麦) 、学名:Triticum aestivum、別名:コムギ(小麦)、チホクコムギ 、分類名:植物界被子植物門単子葉植物綱イネ目イネ科コムギ属、稈高:20~100 cm、花序形:複穂状花序、小花:内頴、外頴+芒、花色:青紫・白、花径:2~3 cm、葯色:白、開花期:4月~6月。


  • イネ
  • イネ
  • コムギ
  • フユコムギ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    穂状花序
  • 花冠
    小穂
  • 葉形
    披針形
  • 葉縁
  • 生活型1年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ20.0 ~ 100.0 cm
  • 花径2.0 ~ 3.0 cm

ランダムな花