キサントステモン・クリサンツス

Xanthostemon chrysanthus

  • キサントステモン・クリサンツス
  • キサントステモン・クリサンツス
  • 花名
    キサントステモン・クリサンツス
  • 学名
    Xanthostemon chrysanthus
  • 別名Xanthostemon chrysanthus
  • 原産地オーストラリアのクイーンズランド州
  • 開花場所海岸, 海外
  • 開花期

キサントステモン・クリサンツスとは

キサントステモン・クリサンツス(学名:Xanthostemon chrysanthus)はオーストラリア・クイーンズランド州原産で、フトモモ科キサントステモン属の常緑高木です。
樹高は10~15mで樹幅は5~8mです。葉は緑色で光沢があり楕円形~長楕円形をしています。葉身長は7~22cmで、葉幅2~9.5cmです。
夏~秋に、枝先または葉腋から総状花序を伸ばし、数十個の小花(萼片)を集合した15cm程のソフトボール大の大きな花序を咲かせます。花弁は無く、花のように見えるものは萼片で黄~金色です。長い雄蕊と雌蕊が目立ちます。8月~2月に果実を成らせます。

一般名:キサントステモン・クリサンツス、学名:Xanthostemon chrysanthus、又名:first love、分類名:植物界被子植物真正双子葉類フトモモ目フトモモ科キサントステモン属、樹高:10~15m、樹幅:5~8m、葉色:緑、葉質:光沢、葉形:楕円形~長楕円形、葉身長:7~22cm、葉幅2~9.5cm、花序形:総状花序、花弁:無、小花径(実際は萼片):1~2cm、花序形:15cm、花色:黄~金色、開花期:夏~秋(最盛期、現地では周年)、果実期:8月~2月、用途:観葉植物。


  • フトモモ
  • フトモモ
  • キサントステモン
  • キサントステモン・クリサンツス
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    総状花序
  • 花冠
    多弁形
  • 葉形
    長楕円形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型常緑高木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ1200.0 ~ 1500.0 cm
  • 花径 ~ cm

ランダムな花