ナツメ

Ziziphus jujuba

  • ナツメ
  • ナツメ
  • ナツメ
  • ナツメ
  • ナツメ
  • ナツメ
  • ナツメ
  • ナツメ
  • 花名
    ナツメ
  • 学名
    Ziziphus jujuba
  • 別名Common jujube, 棗, Jujube, Chinese date
  • 原産地南欧州、西南アジア、中国
  • 開花場所亜熱帯地域
  • 開花期4月, 5月, 6月, 7月
  • 花言葉健康

ナツメとは

ナツメ(棗、学名:Ziziphus jujuba)は、南欧州、西南アジア、中国原産で、クロウメモドキ科ナツメ属の落葉性小高木です。日本では、北海道・本州・四国・九州の亜熱帯・熱帯地域に自生します。夏に、黄色〜薄緑色をした小花を咲かせます。花後に、果実が成り、薄緑→赤→赤黒に熟します。果実はそのまま生食、あるいは、乾燥させてドライフルーツの”なつめ”として食べたり、菓子に入れたり、薬膳食の材料、ナツメ茶とされます。ナツメの一種のサネブトナツメ(Ziziphus jujuba var.spinosa)の果実や種子、樹皮を乾燥させたものは、漢方の生薬−タイソウ(大棗)、コウソウ(紅棗)、コクソウ(黒棗)の材料となり、滋養強壮、鎮静、催眠効果があるとされます。樹木は街路樹や庭木にされます。花名の由来は、夏に芽が出ることや、果実の形が抹茶入れのナツメに似ていることから来たと言われます。
新疆渡ナツメは巨大で日本産の数倍もあり乾燥した果実でも5cm程の大きさになります。

一般名:ナツメ(棗)、学名:Ziziphus jujuba、別名:Jujube, Chinese date, 分類名:植物界被子植物真双子葉類バラ目クロウメモドキ科ナツメ属、原産地:南欧州、西南アジア、中国、生息分布:北海道・本州・四国・九州の日本、(亜)熱帯、樹高:10 m、葉形:卵形、葉長:3 cm、葉序:互生、開花期:4月〜7月、花色:黄〜薄緑、果実径:2 cm、果実形:卵形〜楕円形、果実色:赤→黒(成熟)、果実:核果旬:冬〜春。


  • バラ
  • クロウメモドキ
  • ナツメ
  • ナツメ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    頭状花序
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
    卵形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型落葉性小高木
  • 花の色黄 薄黄
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ500.0 ~ 1000.0 cm
  • 花径1.0 ~ 1.0 cm

ランダムな花