クロスゲンチアナ

Gentiana cruciata

  • クロスゲンチアナ
  • クロスゲンチアナ
  • クロスゲンチアナ
  • クロスゲンチアナ
  • 花名
    クロスゲンチアナ
  • 学名
    Gentiana cruciata
  • 別名Crossed gentian, Gentiana, Gentiana cruciata
  • 原産地ヨーロッパや豪州
  • 開花場所亜高山
  • 開花期7月, 8月, 9月, 10月

クロスゲンチアナとは

クロスゲンチアナ(Kreuz-Enzian、学名:Gentiana cruciata)は、ヨーロッパや豪州原産で、リンドウ科リンドウ属の多年草です。亜高山の林縁や乾燥した草原に自生します。花茎先端や葉腋から花序を伸ばし濃紺色の筒状花を数輪まとめて咲かせます。ロゼッタ状の根生葉や茎につく葉の形が十字形をしているので、中世ではイエスキリストに通じる救済の象徴とされました。
リンドウ属の仲間には、ゲンチアナ・ベルナ(Gentiana verna)などがあります。日本の品種についてはリンドウ(竜胆)をご参照下さい。

一般名:クロスゲンチアナ(Kreuz-Enzian、独語)、学名:Gentiana cruciata、分類名:植物界被子植物真正双子葉類リンドウ目リンドウ科リンドウ属、別名:Crossed gentian、Gentiana cruciata、生息分布:ヨーロッパ、豪州、環境:亜高山の林縁、乾燥した草原、茎丈:10~40 cm、花の形:釣鐘型、葉長:10~40 cm、葉幅:1~3 cm、葉色:緑、葉序:対生、花色:紫、花長:2 cm、開花期:7月~10月、受粉:昆虫。


  • リンドウ
  • リンドウ
  • リンドウ
  • クロスゲンチアナ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    漏斗形/トランペット形
  • 葉形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型(亜)高山性多年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ10.0 ~ 40.0 cm
  • 花径2.0 ~ 2.0 cm

ランダムな花