桜シリーズ9.山桜

花日記2022年3月26日 桜シリーズ9.山桜(ヤマザクラ)

11種ある桜の原種の一つでソメイヨシノの親。赤い若葉と白花が同居します。

ヤマザクラ(山桜、学名:Prunus jamasakura)は、日本原産でバラ科サクラ属の落葉高木「桜」の11種ある原種の一つです。本州、四国、九州の野山に自生します。樹皮と若葉は赤味を帯びています。3月~4月に一重咲きの白花を多数咲かせる早咲きの桜で、春にソメイヨシノ等の園芸品種が咲く前に開花します。他の品種は花が咲いてから葉が出ますが、本種は花と同時に葉が出ます。別名で「葉桜」とも呼ばれます。

■ソメイヨシノ以前の花見の対象
本種からたくさんの園芸品種が作られておりソメイヨシノもその一つです。ソメイヨシノが生まれる以前は本種が花見の対象でした。

■因みに原種の11種とは
エドヒガン、オオシマザクラ、オオヤマザクラ、カスミザクラ、カンヒザクラ、クマノザクラ、タカネザクラ、チョウジザクラ、マメザクラ、ミヤマザクラ、ヤマザクラです。

  • Yamazakura
  • Yamazakura
  • Yamazakura
  • Yamazakura

Other Articles